キヤノン、持ち運べる4Kプロジェクター2種新発売…学校利用も

教育ICT 先生

ひとことで言うと? 知っておきたい「教育ICT用語」を分かりやすく解説します »
4K600STZ
4K600STZ 全 2 枚 拡大写真
 キヤノンは、「パワープロジェクター」シリーズの新製品「4K600STZ」と「4K501ST」を11月15日から順次発売する。4,096×2,400画素の高解像度LCOS(エルコス)パネルを搭載しており、学校の講堂やイベント会場など、さまざまな場所で4K映像を投写できる。価格はオープン。

 「4K600STZ」は、世界最少・最軽量の4Kレーザー光源プロジェクター。重さ約26kg、世界最小サイズの幅約559×奥行き624×高さ201mmながら、新開発のレーザー光源システムとキヤノン独自の光学システム「AISYS(エイシス)」により臨場感のある高精細な4K映像を投写できるという。「4K501ST」も、ランプ光源を搭載した4K解像度以上5,000ルーメンクラスのプロジェクターでは、4Kランプ光源プロジェクターとして世界最小サイズが実現された。

 常設による運用が多い高輝度な4Kプロジェクターだが、持ち運びできるサイズとしたことで学校の講堂やイベント会場での利用のほか、広い場所でのプロジェクションマッピングへの展開などが期待できる。

 「4K501ST」の発売日は2016年11月15日。「4K600STZ」は2017年4月上旬から発売される見込み。

《佐藤亜希》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集