進研ゼミ中学講座、専用タブレット導入…1月スタート準備講座から

教育ICT 中学生

ひとことで言うと? 知っておきたい「教育ICT用語」を分かりやすく解説します »
新開発の進研ゼミ専用タブレット「チャレンジパッド2」
新開発の進研ゼミ専用タブレット「チャレンジパッド2」 全 5 枚 拡大写真
 ベネッセコーポレーションは、2017年1月スタートの「進研ゼミ中学準備講座」から、新しい専用タブレット「チャレンジパッド2」を導入する。「中学講座」4月号からも利用でき、小学生講座と同様に外部サイトにつながらない安全仕様の学習専用タブレットだ。

 ベネッセコーポレーションの「進研ゼミ」では、小学生の特性に合わせた学習方法を提供するため、2014年4月に学習専用タブレットを使う通信講座「チャレンジタッチ」を開講。小学生会員の約4割に選ばれる、人気の学習スタイルとなっているという。

 今回は、「デジタルで楽しく・わかりやすく・安心して学びたい(学んでほしい)」という中学生と保護者のニーズにこたえ、「中学準備講座」と「中学講座」に新開発の進研ゼミ専用タブレット「チャレンジパッド2」を導入する。

 「チャレンジパッド2」は、本体サイズが縦約204mm、横約271mm、厚さ約14mm。液晶サイズ10.1インチ。子どもが使いやすい丈夫な設計で、外部Webサイトの閲覧やアプリの自由なダウンロードを制御する安全仕様。毎月、進研ゼミから配信される学習コンテンツのみにアクセスできる。

 また、長時間使用による目への疲れにも配慮。レッスン1回あたりの利用目安を約15分に設定し、使い過ぎ防止用に30分でアラームが出る仕組みを採用した。

 「中学講座」は、紙テキストを中心に学習する「オリジナルスタイル」とタブレットを中心に学習する「ハイブリッドタイプ」の選択制。「ハイブリッドタイプ」ではこれまで、自宅のiPadを使って学習するコンテンツを提供してきたが、2017年1月スタートの「中学準備講座」と「中学講座」4月号(中1~2生)から、iPadに加えて新しい進研ゼミ専用タブレットでの学習が可能になる。

 講座を6か月以上継続して受講する場合、タブレットの料金は実質無料。受講6か月未満で退会または学習スタイル変更の場合は、タブレット代金として通常価格1万4,800円(税込)が必要になる。

 ベネッセコーポレーションによると、専用タブレットでは、教科書に沿った内容を音声・動画による解説や自動採点・個別解説により、自宅で授業を受けているように学習できる。赤ペン先生や赤ペンコーチによる個別指導で受講生のモチベーションを保ちながら、家庭学習の習慣付けをサポートしていくという。

◆進研ゼミ中学準備講座<ハイブリッドスタイル><チャレンジタッチ>
開講:2017年1月
対象:小学6年生(新中学1年生)
学習スタイル:タブレット
教科:5教科(国語・算数/数学・理科・社会・英語)
料金:5,779円/月(税込、月払いの場合)

◆進研ゼミ中学準備講座<オリジナルスタイル>
開講:2017年1月
対象:小学6年生(新中学1年生)
学習スタイル:紙テキスト
教科:5教科(国語・算数/数学・理科・社会・英語)
料金:5,779円/月(税込、月払いの場合)

◆進研ゼミ中学講座<ハイブリッドスタイル>
開講:2017年4月号
対象:中学校1~3年生
学習スタイル:iPad・新しい専用タブレットのどちらでも利用できる
※中3生はiPadのみ
教科:5教科(国語・数学・理科・社会・英語)
料金:中学1~2年生 6,578円/月、中学3年生 7,252円/月(いずれも税込、月払いの場合)

◆進研ゼミ中学講座<オリジナルスタイル>
開講:2017年4月号
対象:中学校1~3年生
学習スタイル:紙テキスト
教科:5教科(国語・数学・理科・社会・英語)
料金:中学1~2年生 6,578円/月、中学3年生 6,873円/月(いずれも税込、月払いの場合)

《奥山直美》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集