子どもの耳に配慮したキッズ向けヘッドフォン、JVCケンウッド

生活・健康 未就学児

ひとことで言うと? 知っておきたい「教育ICT用語」を分かりやすく解説します »
子ども向けのステレオヘッドフォン「HA-KS2」
子ども向けのステレオヘッドフォン「HA-KS2」 全 2 枚 拡大写真
 JVCケンウッドは3月中旬、子ども向けのステレオヘッドフォン「HA-KS2」を発売する。子どもの耳に配慮した低感度設計や、頭に合わせた小型バンドなど、子どもの使い勝手に細部までこだわっている。対象年齢は3歳以上。価格はオープン。

 スマートフォンやタブレットの普及により、幼少期からヘッドフォンで音楽などを聴く機会が増えている。移動中に子どもにヘッドホンで音楽や動画を視聴させるケースも多くあることから、幼少期からのヘッドフォンの使用による耳への負担を心配する保護者も少なくないという。

 JVCブランドが発売する「HA-KS2」は、子どもの耳に配慮した子ども向けステレオヘッドフォン。出力音圧レベルを、走行中の電車の車内程度の音量である85dB/1mWの低感度に設定している。これにより、音量の誤操作などによる大音量の発生や、保護者が気づかない間に大きな音で試聴してしまうといったことを防ぎ、大音量によるダメージから子どもの耳を守ってくれる。

 ヘッドバンドは子どもの頭に合わせやすく小型のものを採用し、着用中に子どもが指を挟まないよう隙間の少ない設計になっている。スライダー部には7段階の番号が表示されており、自分の頭のサイズに合わせて簡単にヘッドバンドの長さを調節できる。また、長時間装着しても付け心地の良いソフトイヤーパッドや、絡まりにくく扱いやすい片出しケーブルを採用するなど、子どもの使い勝手に細部までこだわっている。

 カラーはキッズファッションに合わせやすく、ミントブルー・レッド・ピンク・イエローの4色展開。さらに、ステッカーも同梱し、幅広スライダーにお気に入りのステッカーを貼って自分だけのデザインを楽しむこともできる。

◆子ども向けステレオヘッドフォン「HA-KS2」
本体カラー:ミントブルー、レッド、ピンク、イエロー
希望小売価格:オープン価格
発売時期:3月中旬

《外岡紘代》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集