ベルリッツと鉄緑会が協業、グローバル人材育成

教育・受験 中学生

ひとことで言うと? 知っておきたい「教育ICT用語」を分かりやすく解説します »
鉄緑会
鉄緑会 全 2 枚 拡大写真
 英会話教室・英会話スクールのベルリッツ・ジャパンと東大受験指導専門塾の鉄緑会は3月13日、先進的な人材育成で協業すると発表した。第一弾として、4月より鉄緑会の新中学1年生の授業の一部をベルリッツが担当する。

 ベルリッツ・ジャパンは、語学や留学、グローバル人材に関わるサービスを提供している。鉄緑会は、中高一貫校の生徒を対象に独自の6年間カリキュラムによる徹底指導のもと、毎年多数の東大合格生を輩出しているという。両社が中長期的に協業することにより、学校教育や大学受験制度の変革といった枠組みを超え、社会人として世界に通用するスキルやマインド形成の醸成を目指す。

 協業の第一弾として、4月1日より鉄緑会代々木本部校舎の新中学1年生の授業の一部をベルリッツが担当。英語によるコミュニケーション力育成の土台として、グローバル基準の「発音基礎」を導入する。英語特有の発音と、文字と音の規則性を学び、正しい発音を習得。正しい発音の素地を作ることで、相手に伝わりやすいコミュニケーション力を育む。また、正しい発音と同時にリスニング力も鍛える。

 今後は医学など専門的な分野においても、コミュニケーションスキルの育成やプレゼンテーションスキルの育成など、両社の協業を強化していくという。

《工藤めぐみ》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集