遊びながら力を伸ばす、学研「あたまがよくなる!図鑑」発売

教育・受験 未就学児

ひとことで言うと? 知っておきたい「教育ICT用語」を分かりやすく解説します »
学研の図鑑 for Kids「あたまがよくなる!図鑑」
学研の図鑑 for Kids「あたまがよくなる!図鑑」 全 2 枚 拡大写真
 学研プラスは3月9日、学研の図鑑 for Kidsシリーズから「あたまがよくなる!図鑑」を発売した。「ちえ」「かず・かたち」「もじ・ことば」「おはなし」など、7つの章で構成されており、クイズやパズルなどで楽しく遊びながら子どもの能力を伸ばす。

 頭を使う力「ワーキングメモリ」は、すべての学力の基礎になると言われている。ワーキングメモリにかかわる脳の前頭前野の発達は、7歳~12歳でピークを迎える。この時期に脳をしっかりと発達させるためには、それ以前の時期に「頭を使うことを好きになる」ことが必要だという。

 「あたまがよくなる!図鑑」は、クイズやパズルなどで楽しく遊びながら、子どものワーキングメモリを鍛える1冊。「ちえ」「かず・かたち」「もじ・ことば」「おはなし」「つくってみよう」「からだをうごかそう」「やってみよう」の7章で構成されており、1つずつの課題にじっくりと取り組むことで、頭を使うことが好きになるという。

 学研の図鑑 for Kidsは、参加型の楽しい図鑑シリーズ。読むだけでなく、子どもたちがやってみたくなる、実際にチャレンジできる情報を紹介している。同シリーズでは、「ひとりでできるよ!図鑑」「あそびの天才!図鑑」「ふしぎがわかるよ!図鑑」なども発売している。

◆学研の図鑑 for Kids「あたまがよくなる!図鑑」
定価:2,500円(税別)
発売日:2017年3月9日(木)
判型:AB判/192ページ
電子版:なし

《外岡紘代》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集