面接官645人がジャッジ、男子就活生にオススメの髪型は?

生活・健康 大学生

ひとことで言うと? 知っておきたい「教育ICT用語」を分かりやすく解説します »
業界別 面接で第一印象が良いとされる髪型ランキング
業界別 面接で第一印象が良いとされる髪型ランキング 全 6 枚 拡大写真
 若者の「大人への進化」をサポートする資生堂の男性用化粧品ブランド「uno(ウーノ)」は、就活準備中の学生応援サイト「マイナビ学生の窓口」と連携し、一般企業の新卒採用面接官645人を対象に「男子就活生の髪型調査」を実施。印象の良い髪型、良くない髪型を発表した。

 「男子就活生の髪型調査」は、全国の一般企業の新卒採用面接官を務める20代~70代の男女645人を対象に、20種類の男性の髪型の中から面接で好印象を与える髪型を選んでもらい、その理由も調査したもの。実施期間は2月8日~10日で、インターネットにて行った。

 新卒採用面接で第一印象が選考に影響するかを聞いたところ、面接官の95.5%が「影響する」と回答。髪型が第一印象に与える影響については、8割が「影響を与える」と答え、就活生にとってヘアスタイルの重要性が明らかになった。

 今回の調査では、男子就活生の20種類の髪型写真を提示し、もっとも印象が良いとされる髪型を選んでもらった。良い印象を与える髪型の1位に選ばれたのは、全体にすっきりとシャープなツーブロックスタイル。645人中166人に選ばれ、25.7%の支持率となった。特に50代面接官では支持率が50.0%にのぼり、爽やかで清潔感のあるスタイルは目上の人に好印象を与える結果となった。

 2位に選ばれたのは、オールマイティーなサイドパート短髪スタイル。清潔感と知的な印象を与える点が評価され、官公庁からアパレル業界まで支持を集めた。3位には、アシメな立ち上げ系ボウズスタイルが選ばれた。若々しさを感じさせるほど良いラフ感は30代面接官の支持を集めた。

 TOP5の結果を見ると、いずれも顔の表情がはっきりとわかる額を出したスタイルがランクインした。就職活動で面接官の印象を良くしたい場合は、スッキリとした表情のわかるデコ出しスタイルが好印象のようだ。

 一方、印象が良くないとされる髪型も明らかになった。ワースト1は、前髪で目元が隠れた前髪が重いパーマヘア。「印象が暗い」「学生の雰囲気」「自信のなさを感じる」などのマイナスの印象を持たれ、面接官の196人(30.4%)が印象が良くない髪型として選んだ。ワースト2は、チャラいイメージの強い明るめの茶髪。ワースト3は、ワースト1と同様に前髪で目元が隠れた前髪が重いボリュームヘア。髪が長めで表情の見えないヘアスタイルは第一印象を悪くするようだ。

 また調査では、業界別の面接で第一印象が良いとされる髪型ランキングも発表。8業界におけるTOP5をランキング化した。全体の1位に選ばれたツーブロックスタイルは、「商社・卸」「医療・福祉」「製造業」など5業界で1位に。「金融業」「情報・IT」「小売店」では、全体2位のサイドパート短髪スタイルが1位に選ばれた。

 詳しい調査結果や、髪型の作り方などは、unoのWebサイト「REAL HAIRSTYLE REPORT」で閲覧できる。

《畑山望》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集