【中学受験の塾選び】早稲田アカデミーの特徴と費用、塾活用ポイント(2017年度版)

教育・受験 小学生

ひとことで言うと? 知っておきたい「教育ICT用語」を分かりやすく解説します »
早稲田アカデミー
早稲田アカデミー 全 2 枚 拡大写真
 中学受験に向けた塾選びの参考として、大手人気塾5校(サピックス小学部・日能研・早稲田アカデミー・四谷大塚・浜学園)の特徴や費用をまとめた。中学受験で成功するための塾選びと活用のポイントは、中学受験 個別指導のSS-1に聞いた。今回は、早稲田アカデミーについて見ていこう。

◆指導の特徴

 教育理念は「本気でやる子を育てる」。子どもたちが望む憧れの第一志望校合格を一番に考え、すべての塾生の志望校合格を全力でサポートしている。子どもたちのやる気や競争心を引き出すため、クラスは平均13~14名の学力別少人数で編成。気持ちを前に向かせ続けるための叱咤激励、しっかりほめて達成感を実感させるための個別面談などにより、難関中へ満遍なく多くの合格者を送り出している。

◆2020年の大学入試改革に向けた中学受験対策

 中学受験対策に大きな変化はない。

◆英語試験や思考力試験への対策

 英語試験については、高校受験準備コースにおいて新小5の学年から4技能の力を高める授業を導入している。また、英語を聞いて頭の中も英語で考える「英語脳」を育む英語塾を御茶ノ水・立川・南大沢の各教室で開講しており、これからも拡大を予定している。

◆年間にかかる費用とカリキュラム

 1年生は23万7,600円、2年生は23万7,600円、3年生は29万6,824円、4年生(4科)は50万880円、5年生(4科)は75万9,080円、6年生(4科)は84万1,664円(詳細は費用一覧参照)。費用には、季節講習費やテスト費も含む。

◆通塾の頻度と時間帯

 1・2年生は週1回、3・4年生は週2回、5・6年生は週3回。6年生は土日の志望校対策コースがある。

・1年生:週1回(16:30~18:10)
※曜日は校舎によって異なる。
・2年生:週1回 (16:30~18:10)
※曜日は校舎によって異なる。
・3年生:週2回(17:10~18:50)、火・木曜または水・金曜
・4年生:週2回(17:10~20:35)、水・金曜
・5年生:週3回(17:10~20:55)、月・火・木曜
・6年生:週3回(17:10~20:55)、月・水・金曜+土・日の志望校別対策コース

◆塾選びと活用のポイント(SS-1関東統括・教務主任 馬屋原吉博先生)

 早稲田アカデミーは体育系のイメージが先行しがちだが、ほかの大手塾と比較したときの最大のポイントは、その「面倒見の良さ」である。塾の使い方、日々の学習サイクルの作り方は、NN志望校別コースを利用するのか、しないのかで大きく異なる。

 体育会系のノリについていき、その勢いのまま学習に取り掛かれる素直なお子さんには向いているが、逆に大きな声に委縮してしまうようなお子さんには向いていない。また、塾の講師と密に連絡を取っておきたい保護者には向いている。

 学習「量」で学力を上げようとする意識が強いため、学習が理解を伴わない「作業」になっていないかどうか気を配り続ける必要がある。過去問演習に対するフォローには、校長や講師によって差が出るため、その点を塾に期待できない場合は、別途、保護者がフォロー体制を整える必要がある。

《奥山直美》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集