東京工業大学内に保育所開園、ヒューマンが保育事業に本格参入

教育・受験 未就学児

ひとことで言うと? 知っておきたい「教育ICT用語」を分かりやすく解説します »
東京工業大学の学内保育所「てくてく保育園」
東京工業大学の学内保育所「てくてく保育園」 全 3 枚 拡大写真
 保育事業や介護事業などを展開するヒューマンライフケアは、東京工業大学大岡山キャンパス内の学内保育所「てくてく保育園」の運営を受託し、4月1日に開園する。ヒューマングループは、事業所内保育所の運営受託に本格参入する。

 厚生労働省が発表した2016年4月時点での待機児童数は、前年比386人増の2万3,553人と、増加の一途をたどっている。受け入れ態勢の整備が急務であることから、企業主導型をはじめとする事業所内保育所の設立需要が高まっており、ヒューマンライフケアは東京工業大学大岡山キャンパス内の学内保育所の運営受託に至ったという。

 東京工業大学の学内保育所「てくてく保育園」は、国内外からの研究者や学生が、保育園に入れないことを理由に教育や研究を辞めざる得ない状況を改善し、国際化の推進および優秀な人材交流の活発化を目的に開設。また、大田区が認可する事業所内保育所として、地域の人々も利用できるよう開放する。

 てくてく保育園は、東京工業大学を象徴するテクノロジーの「テク」と、子どもたちが「はいはい」「よちよち」から「てくてく」へ健やかに育っていくようにとの願いを込めて名付けられた。海外から赴任する研究者や留学生の子どもを受け入れて、多彩な文化を大事にするという。

 今後、ヒューマングループは、保育士の確保や、保育サービス・教育サービスの提供などを幅広くカバーした、ヒューマングループならではの特長ある提案により、2~3年後を目途に約10園の事業所内保育所の受託を目指す。

《工藤めぐみ》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集