NTTスマートコネクト、教育業界向けCMSのインストーラー機能を標準提供

教育ICT 先生

ひとことで言うと? 知っておきたい「教育ICT用語」を分かりやすく解説します »
NTTスマートコネクト マネージドサーバ
NTTスマートコネクト マネージドサーバ 全 4 枚 拡大写真
 エヌ・ティ・ティ・スマートコネクトは3月16日、同社が提供するホスティングサービス「スマートコネクト マネージドサーバ」において、教育関連業界を中心に広く利用されているCMS「NetCommons3」のインストーラーを、標準機能に追加した。

 「NetCommons」は、国立情報学研究所(NII)が次世代情報共有基盤システムとして開発したオープンソースのCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)。eラーニングサイト、広報窓口としての学校ホームページ、校務情報化に向けたグループウェア、地域や保護者との情報共有ツールなどの構築に特化している。2016年8月には、最新版「NetCommons3」がリリースされた。

 「スマートコネクト マネージドサーバ」は、レンタルサーバなどより運用・初期構築の手間を大幅に軽減した、マネージドタイプのホスティングサービス。Webサーバ、メールサーバとして運用できるほか、FTP、Ruby、Python、MySQLなども活用できる。「インストーラー機能」では、phpMyAdmin、SquirrelMail、WordPress、EC-CUBEに対応していたが、今回あらたに、ウィズ・ワンとの共同開発により、「NetCommons3インストーラー機能」を追加した。

 これまで「NetCommons3」を教員がサーバにインストールするには、技術的・時間的な負荷が大きかったが、「NetCommons3インストーラー機能」を利用することで、サーバ環境の構成検討、動作検証などの手間を軽減できる。

《冨岡晶》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集