定期的に行いたい「レンジフード」のお掃除方法

 換気扇に本来の働きをしてもらうためにも、レンジフードには定期的な掃除が大切だ。今回はレンジフードの掃除方法について紹介する。

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし
放っておくと換気能力の低下も⁉ 定期的に行いたい「レンジフード」のお掃除方法
放っておくと換気能力の低下も⁉ 定期的に行いたい「レンジフード」のお掃除方法 全 1 枚 拡大写真

オリジナルサイトで読む >

キッチンで火を使う時、とくにガスコンロの場合、換気はきちんとしておきたい。料理をしていると前よりもキッチンに臭いがこもる気がする、そう感じたら「レンジフード」の掃除時だ。本来の働きをしてもらうためにも定期的にきれいにしたい、「レンジフード」の掃除方法について紹介する。

1. レンジフードの構造

レンジフードの形はさまざま。キッチンの作りや設置場所に合わせてタイプが異なる。掃除の前に家のレンジフードがどのタイプなのかを知っておこう。

覆いがないタイプ

扇風機の羽根のようなプロペラファンが壁に付いていて、直接外に排気するつくりのもの。まわりに覆いはなく、ダイレクトに壁に取り付けられているため外気の影響を受けやすい。シンプルな作りなので、掃除はしやすいかもしれない。

ブーツ型

大きなフードのようなもので覆われたタイプ。縦長の細長い羽根が筒状に取り付けられたシロッコファンを回転させてダクトを通して屋外に空気を排出するつくりのものが多い。プロペラファンのタイプもある。

フラット型(浅型)

天井高が低い場合など設置スペースが限られている場合に多い。やや掃除しづらいのが難点。

スリム型

最新がこのタイプ。ほとんどがノンフィルターなので、フィルター掃除の手間が省ける。シロッコファンに入った油煙から、遠心分離で汚れや油が離れる仕組みになっている。

ファンに関しては、外せるもの、外せないもの、汚れない設計のためにお手入れの必要がないもの、外さずにお手入れするものなど、機種によってさまざま。取扱説明書を見て確認しておこう。

2. レンジフードの汚れの正体

料理中に出た蒸気を吸い上げるのがレンジフードの役目。その蒸気には料理中の油が含まれ、それがレンジフードの主な汚れとなる。その油に空気と共に吸い上げたホコリなどが付着することで、さらに汚れが分厚くなり落ちにくくなる原因に。レンジフードの吸い込みを邪魔してしまい、本来の機能が働かなくなってしまう。

しかも、汚れたレンジフードはけっこう危険。調理中に汚れた油が垂れてきて料理に入ってしまったり、レンジフードに溜まった油にコンロの火が燃え移って火事になってしまったり... また、汚れのせいで換気がきちんとできずに油を含んだ空気がキッチンや部屋にこもり、壁や天井、床などがベタベタになってしまうということも。汚れが溜まる前にきちんと掃除をすることも大切だ。

3. レンジフードの掃除方法

さっそくレンジフードの掃除方法を見ていこう。油汚れに強い重曹がここでも活躍する。

用意するもの

・重曹
・スプレー容器
・ゴム手袋
・新聞紙
・雑巾
・ゴミ袋

レンジフードの掃除手順

1. 30~40のぬるま湯250mlに重曹大さじ1杯程度をスプレー容器に入れてよく混ぜ、重曹スプレーを作る。
2. 垂れてくる汚れや部品でコンロを傷つけないようにコンロに新聞紙を敷く。
3. ケガをしないようにゴム手袋を装着し、ファンやフィルターなど取り外せる部分は取り外しておく。無理にやらずに、説明書を見
ながら自分でできる範囲で。
4. 取り外したパーツはゴミ袋に入れ、重曹スプレーを吹き付け、ぬるま湯で20~30分間つけ置く。
5. パーツを取り出し、隙間に溜まった汚れなどを歯ブラシや割りばしなどで落し、水で流して拭き取るかよく乾燥させる。
6. レンジフードの本体は重曹スプレーを吹き付けた雑巾で拭く。汚れがひどい部分は、キッチンペーパーに重曹スプレーを浸み込ま
せたもので覆い、5分ほど置いてから拭き取る。
7. 全体を水拭きし、最後に乾拭きをする。
8. 乾いたパーツを正しく取り付ける。

注意点

レンジフードの種類によっては、重曹で傷がついてしまったり、塗装がはがれてしまう場合もある。適した洗剤を取扱説明書で確認しよう。また電化製品なのでパーツ以外の本体に水をたくさん吹き付けるのもNG。本体には重曹スプレーを直接シュッとするのではなく、雑巾に吹き付けて掃除をしよう。

4. きれいを保つために

前述したように、レンジフードに汚れが溜まった状態で使うと危険もある。本来の働きをしてもらうためにも、年に1回ではなく普段から簡単な掃除をしておこう。

使ったら拭く

油汚れがこびり付く前に落とすことがポイント。重曹スプレーを普段からキッチンに常備して、手が届く場所だけでもサッと拭いておくとよい。

外付けフィルターはこまめに交換を

つい汚れがひどくなってから交換しがちだが、理想はギトギトになる前。週に1回、2週に1回、ゴミの日、など交換のタイミングを決めておくとよいだろう。

結論

キッチンの働き物、レンジフード。すみずみまできれいにして、爽やかな空気が流れるキッチンを目指そう。

ガンコな油汚れも気持ちよく落ちる「コンロまわりの壁」のお掃除方法投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

放っておくと換気能力の低下も⁉ 定期的に行いたい「レンジフード」のお掃除方法

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集