関東と関西では食べ方が違う?すき焼きの美味しい食べ方

 家族が集まったときや寒い季節のごちそうの定番に「すき焼き」がある。すき焼きには関東風と関西風の味付けがあり、また、具材を入れる順番や切り方でも美味しさが異なってくる。「すき焼き」について紹介する。

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし
関東と関西では食べ方が違う?すき焼きの美味しい食べ方
関東と関西では食べ方が違う?すき焼きの美味しい食べ方 全 1 枚 拡大写真

オリジナルサイトで読む >

家族が集まったときや寒い季節のごちそうの定番に「すき焼き」がある。では、そのすき焼きの美味しい食べ方をご存じだろうか。鍋に具材を入れる順番や具材の切り方にコツがあるのだ。また、すき焼きには関東風と関西風の味付けがあり、食べ方が少し違っている。今回紹介するすき焼きの食べ方を知って、いつものすき焼きをより美味しく食べてほしい。

1. すき焼きの食べ方の特徴

すき焼きは、関東と関西で味付けや食べ方に特徴がある。それぞれ地域によって違うので、その特徴を詳しく解説する。

関東風すき焼きの食べ方の特徴

関東風すき焼きの食べ方の特徴は、割り下を使うことだ。割り下とは、事前に醤油、みりん、出汁、砂糖を合わせて作っておく調味料。作り方は、まず牛肉と長ネギに軽く焼き色を付けて、割り下を入れて煮詰める。ある程度煮詰めたら、ほかの具材を入れて完成。関東風すき焼きは、鍋料理のひとつとして楽しまれている。

関西風すき焼きの食べ方の特徴

関西風すき焼きの食べ方の特徴は、関東風とは逆に割り下を使わないことにある。まず、牛脂で牛肉を両面しっかりと焼き、長ネギにも焼き色を付けておく。そして、肉が隠れるくらいに砂糖を入れ、続けて醤油と酒を入れて味を調える。そのあと、白菜などの野菜を入れて水分を出していく。水分が足りない場合は、水を加えて調整したら、しいたけや焼き豆腐などほかの具材を入れ、煮詰めたら完成。関西風すき焼きは、牛肉をしっかり焼くことから、焼き物料理のひとつとして楽しまれているのだ。

2. すき焼きの具材の切り方

長ネギ

すき焼きに入れる長ネギの切り方は2通りあり、斜め切りとぶつ切りだ。ただ、斜め切りだと、鍋の中でバラバラになってしまうため、おすすめはぶつ切り。また、長ネギは上部の青い部分と下1は使わない。

白菜

白菜は根元を切り落とし、1枚ずつ白い部分と葉の部分に切り分ける。それぞれ切り方は、白い部分はそぎ切り、葉の部分はざく切りにする。

春菊

春菊の切り方は、根元を切り落としたら、5幅にざく切りにする。

人参

人参の切り方には、短冊切り、いちょう切り、飾り切りなどがある。火が通りにくい野菜なので、なるべく薄く切る。

キノコ類

すき焼きにおすすめのキノコといえば、しいたけやえのきだ。石づきを落としたら、食べやすい大きさに切るとよい。

しらたき

しらたきは、鍋に入れる前に一度湯通しをして臭みを取る。そのあと、食べやすいように2~3等分に切る。

焼き豆腐

焼き豆腐は、しっかり水気を切り、一丁を6等分ほどに切る。

3. すき焼きの美味しい食べ方

生卵

すき焼きを生卵に付けて食べる人は多く、すき焼きの美味しい食べ方として一般的だ。生卵を付けて食べることによって、すき焼きの味をまろやかにし、牛肉特有の臭みを和らげている。また、鍋の中で熱くなっている具材に生卵を付けることで、やけどを防ぐ役割もしているのだ。

大根おろし

そのほかで、すき焼きの美味しい食べ方としておすすめなのが、大根おろしで食べる方法。すき焼きは、醤油と砂糖で甘辛く濃厚に味付けされている。その味付けや、牛肉の脂っぽさを、大根おろしでさっぱりと仕上げている。また、大根おろしには、消化を助ける役割もあるのだ。

とうがらし

七味とうがらしや一味とうがらしは、辛いものが好みの人におすすめのすき焼きの美味しい食べ方だ。すき焼きは、砂糖をたくさん使用するので、かなり甘い味付けになっている。食べている途中で味に飽きたなと感じたら、とうがらしをふりかけると、よいアクセントになってクセになるだろう。

4. すき焼きのダイエット中の人におすすめな食べ方

すき焼きはカロリーが高い料理のひとつだ。そのため、ダイエット中の多くの人が食べることを避けているだろう。しかし、すき焼きにもダイエット中の人におすすめな食べ方がある。ダイエット中でもすき焼きが食べたいという人は、ぜひ試してみてほしい。

すき焼きのダイエット中の人におすすめな食べ方:その1

まずは、すき焼きに使う肉を牛の肩ロース肉など、低カロリーな赤身のものにする。もしくは、思いきって牛肉を鶏肉に変えればさらに低カロリーなすき焼きになる。また、肉は少なめにし、野菜や豆腐類を増やして満腹感を得よう。

すき焼きのダイエット中の人におすすめな食べ方:その2

次に、市販の割り下を使用しないこと。割り下には砂糖やみりんがたくさん使われていて、じつは高カロリー。割り下を使わずに、醤油と甘味料で味付けをすると、かなり低カロリーで美味しいすき焼きができる。

すき焼きのダイエット中の人におすすめな食べ方:その3

最後は、すき焼きを食べるときに卵をからめすぎないこと。すき焼きに生卵は欠かせないが、ダイエット中に食べる場合、卵は1個までにしておいたほうがよさそうだ。

結論

すき焼きにはいろいろな食べ方があり、関東風、関西風ではそれぞれに違った美味しさがある。また、具材の切り方に気を付けて、何を付けて食べるかによっても、違うすき焼きを楽しむことができるのだ。いろいろな食べ方を試してみて、自分の好みに合った美味しいすき焼きの食べ方をぜひ見つけてほしい。

東西対決!味は後?すきやきの煮込み時間は?正しいすき焼きの作り方投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集