イトーヨーカドー2022年新作ランドセル「バーチャル店舗」

 イトーヨーカドーは2021年3月1日、2022年新作ランドセルの販売開始にあわせ、スマートフォンやパソコンでランドセル選びができる特設サイト「バーチャル店舗」を開店した。3月中旬からは全国のイトーヨーカドー約90店において順次販売を開始する。

教育・受験 未就学児
イトーヨーカドー「バーチャル店舗」
イトーヨーカドー「バーチャル店舗」 全 2 枚 拡大写真
 イトーヨーカドーは2021年3月1日、2022年新作ランドセルの販売開始にあわせ、スマートフォンやパソコンでランドセル選びができる特設サイト「バーチャル店舗」を開店した。3月中旬からは全国のイトーヨーカドー約90店において順次販売を開始する。

 イトーヨーカドーは、コロナ禍でも家族と一緒にじっくりランドセル選びができるよう、ランドセルの店頭販売に先駆けて「バーチャル店舗」をオープンした。「バーチャル店舗」では、人気のシリーズごとに2022年新作ランドセルの全ラインアップを紹介。商品担当者による「ランドセル紹介動画」では各ランドセルのこだわり機能やお勧めポイントなどをわかりやすく紹介している。

 また、専用アプリ「COCOAR」をダウンロードし、カタログ冊子内のアイコンをスキャンすると、子どもがランドセルを試着したイメージ画像を確認することができる。「バーチャル店舗」や「COCOAR」でランドセルを確認した後は、イトーヨーカドーネット通販(オムニ7)で購入可能。比較検討から購入まで自宅にいながら完結できる。また、実物を見て検討、試着したい場合は、イトーヨーカドーの各店舗で試すことができる。

 イトーヨーカドーの2022年新作ランドセルは、約70タイプ、約270種類を展開。価格は3万1,900円~8万5,800円(税込)まで、幅広いラインアップを取りそろえている。通学路の安心をサポートする“光るランドセル”は、定番ブランド「フィットちゃん」「天使のはね」「ふわりぃ」で展開。タブレット端末による授業を想定した、端末収納ポケット付きの大容量モデルなどもそろえている。

 イトーヨーカドーのランドセルはすべて日本製で、卒業まで6年間の保証付き。修理の際は、近くのイトーヨーカドー店舗で対応する。購入店舗以外でも対応可。修理期間中の代わりのランドセルはイトーヨーカドーが用意するなど、手厚いフォローで6年間の子どもの安全・安心をサポートする。

◆イトーヨーカドー2022年新作ランドセル
発売日:2021年3月中旬より順次店頭での販売開始
アイテム数:約70タイプ/約270種類
価格帯:3万1,900円~8万5,800円(税込)
販売先:全国のイトーヨーカドー約90店舗および、イトーヨーカドーネット通販(オムニ7)
※店舗により取扱い商品が異なる場合がある

《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集