夏休み旅行・帰省中止を…全国知事会が緊急提言

全国知事会が、外出を厳しく制限するロックダウン(都市封鎖)のような手法の検討を含む、都道府県境をまたぐ夏休み中の旅行、帰省の中止・延期を強く呼びかける緊急提言をまとめた。

生活・健康 その他
横浜市(8月1日)
横浜市(8月1日) 全 1 枚 拡大写真
「ふるさとは遠きにありて思ふもの」という日本文学を代表する室生犀星の詩句もあるが、全国知事会が、外出を厳しく制限するロックダウン(都市封鎖)のような手法の検討を含む、都道府県境をまたぐ夏休み中の旅行、帰省の中止・延期を強く呼びかける緊急提言をまとめた。新型コロナウイルスの「感染爆発」の全国的な拡散を防ぐため、近く国に提出するという。

埼玉、千葉、神奈川の首都圏3県と大阪府への緊急事態宣言の追加発令を受け、全国の44知事が参加し、対策本部の会議をオンラインで開いたもので、きょうの各紙も「夏休み移動中止を」(朝日)、「都市封鎖の検討提言」(東京)、「お盆なのに今年も会えない」(産経)などと大きく取り上げている。

提言では「全国の多くの地域で『感染爆発』と言っても過言ではない状況」と指摘。お盆の帰省も含めた夏休みの移動を減らす必要があることに触れ、移動がやむを得ない場合でも時期を分散し、事前にPCR検査を受けるなどの対応を訴えたそうだ。また、提言には、感染者が急増している若年層に対し、自らの行動を変える重要性を発信することも求めたという。

2021年8月2日付

●緊急事態首都圏3県・大阪発令、全域で酒提供停止(読売・1面)

●ルノー上半期、最終益460億円(読売・4面)

●「夏休み移動中止を」知事会提言、都市封鎖検討求める(朝日・3面)

●民間宇宙ロケット初の荷物放出・回収、北海道のベンチャー(東京・22面)

●水素航空機向け空港整備、官民で検討、貯蔵や注入施設(日経・3面)

●一時帰国者に接種開始、成田・羽田、来年1月まで(日経・30面)

「夏休み旅行・帰省中止を」…全国知事会が緊急提言[新聞ウォッチ]

《福田俊之@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集