【とっておきの私立中学校2023】山脇学園中学校…「志」を見つけ、実現するチャレンジの場

 「中高6年間一貫教育を考える会」発行の中学受験情報誌『とっておきの私立中学校』と連携し、注目の私立中学校を紹介する本企画。本記事では、山脇学園中学校を紹介する。

教育・受験 小学生
山脇学園中学校・高等学校長 西川史子先生
山脇学園中学校・高等学校長 西川史子先生 全 5 枚 拡大写真

 夏休みも明け、2023年度の中学受験を目指すご家庭では、そろそろ第一志望校・併願校を決定したいところだ。

 リセマムでは「中高6年間一貫教育を考える会」と連携し、同会が発行する『とっておきの私立中学校』の中から抜粋して、注目校の魅力をお伝えしていく。

 本記事でご紹介するのは、山脇学園中学校。東京都港区にある完全中高一貫の女子校だ。学校長・西川史子先生からのメッセージの他、特色のあるプログラム、進路進学に対する考え方等を紹介する。

「志」の種を見つけるためのチャレンジとアクションの場

 山脇学園で出会うこと、考えること、行動すること、夢中になって取り組むこと。そのすべてがあなたの「志(こころざし)」を磨くためのものです。これからの道は真っ直ぐではないかもしれませんが、どんな道でも歩み続けられる力として、「志」を立てることを大切にしています

 「志」には2つの意味があります。1つは、自分で学んだことややりたいことを行動に移していくときの軸であり、自己実現に向かうための自分の芯です。夢や憧れを持つことは大事ですが、それで終わらずに実現に向けて歩む力を本校の6年間で育ててほしいと思います。もう1つ、「志」には “人に差し上げる”という意味もあります。自分が学んだことを、世のため人のためにどう生かせるかを考え、社会貢献へとつなげてください。

 本校で大切にしていることは、生徒ひとりひとりがもつ「志」の種を見つけるためのチャレンジとアクションの場を用意すること。失敗を恐れずに自ら動き、考えることが自分を開拓し、新たな出逢いと発見から自分の枠を大きく広げることにつながるのです。

 さて、山脇学園の「志」は「豊かな教養と人間性を育てる伝統を継承し生徒ひとりひとりが志を携えて、社会で活躍する手助けをすること」です。学校は、人と人が出会い学び合う期限付きの場所です。6年間という中高時代の日々が、ワクワクした学びの時間となり、また未来社会への準備段階としてしっかりと根を張る時間となるよう、山脇学園は進化し続けていきます。(校長・西川史子)

山脇学園中学校・高等学校長
山脇学園中学校・高等学校長 西川史子先生

充実の学習施設で「総合知」を学ぶ

 これからの社会に必要な課題解決力の育成を目指し、2022年度より自然科学の「知」と人文・社会科学の「知」を結集した「総合知」育成カリキュラムをスタートしました。

人文・社会科学系のアプローチには、中1・2「知の技法(国語)」、中3「ELS(I 社会)」、中3「探究基礎」、中1~3「EIS(イングリッシュアイランドステイ)」等必修科目の他、中3希望選択「英語チャレンジプログラム」を設置。

EIでは、コミュニケーションはすべて英語
EIでは、コミュニケーションはすべて英語
英語チャレンジプログラムの校外学習・校内研修

 自然科学系では、中1・2必修科目「サイエンティストの時間」、中3希望選択「科学研究チャレンジプログラム」があります。2022年度からは、高校にもサイエンスクラスを設置し、コンテストや学会発表に向けた本格的な研究・開発を継続できるようになりました。高1~3必修「総合探究」では中学までに培った探究的な手法で社会課題の解決に取り組みます。

「総合知」育成カリキュラムをスタート
「サイエンティストの時間」は中1・2の必修科目
サイエンスクラス発進!

 特徴的な学習施設には、EI(イングリッシュアイランド)SI(サイエンスアイランド)LI(リベラルアーツアイランド)の3つのアイランドがあります。ネイティブ教員が常駐するEIは、学園にあるイギリスの街並みを模した異国エリア。SIは、本格的な実験・研究設備を整え、大学の実験室さながら。生物・物理・化学の5つの実験室に加え、中学は2つ、高校は3つの継続研究室があります。主に議論やプレゼンを行うLIは、2022年度、「探究活動」の拠点LearningCommonsとして図書館とアクティブラーニングエリア、プレゼンテーションエリアから成る融合施設に再編され、新たな「総合知」育成エリアへと進化します。

夢で終わらせず、目的意識をもった「志」ある進路へ

 自分の進路を、夢や希望だけで終わらせることなく、社会でどのように活躍し、貢献するかという目的意識をもった「志」にまで高めることを、進路学習指導の根幹としています。さまざまな経験をし、興味を突き詰めるプログラムや学びがたくさんあるので、そうした学校生活を通して生徒たちは自分が学びたい分野がはっきりし、その志に基づいて志望大学を決めています。だからこそ文系理系問わず、非常に多様で、ひとりひとりが納得感も満足度も高い進学ができ、志をもって将来に歩み続けていきます。

進路支援の基本的な考え方

 進路実現の主役は「生徒」、教員の役目は支援者という考え方に基づいた進路支援を行います。
 ひとりひとりの生徒の志望・学力に応じた進路を実現する
 生徒が将来やりたいことを実現できるチャンスを広げる
 自分の進路を自分で決めるために必要な情報を提供する

志望系統別の進路(四年制大学進学者)

志望系統別の進路
志望系統別の進路

難関大 現役進学者数の推移

難関大現役合格者数の推移
難関大 現役合格者数の推移

学校概要

所在地:東京都港区赤坂4-10-36
アクセス:東京メトロ各線「赤坂見附駅」徒歩5分、東京メトロ各線・都営大江戸線「青山一丁目駅」徒歩7分
電話番号:03-3582-5937

受験生用LINE@公式アカウント
『とっておきの私立中学校2023』Web版をみる

《編集部》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集