【高校野球2017春】選抜高校野球期間中、甲子園駅「恋」で列車の接近をお知らせ

趣味・娯楽 その他

ひとことで言うと? 知っておきたい「教育ICT用語」を分かりやすく解説します »
阪神電気鉄道
阪神電気鉄道 全 2 枚 拡大写真
 阪神電気鉄道は、3月19日から開催される第89回選抜高等学校野球大会に合わせ、3月19日から大会終了日までの期間限定で、甲子園駅の列車接近時のメロディを、大会の入場行進曲である星野源の「恋」に変更する。

 毎日新聞社と日本高等学校野球連盟が主催する「第89回選抜高等学校野球大会」が、3月19日に開幕する。阪神電気鉄道では、大会会場となる阪神甲子園球場の最寄り駅「甲子園駅」の列車接近時のメロディを、大会開催期間限定で大会の入場行進曲である星野源の「恋」に変更する。編曲は、鉄道メロディのパイオニアだという、音楽プロデューサーの向谷実氏が担当。

 実施期間は、3月19日始発から大会終了日(3月30日の予定)終電まで。列車接近時に「恋」のサビ部分を約15秒放送し、列車の接近・到着を利用客に知らせる。甲子園駅の列車接近メロディの高校野球大会関連曲への変更は、春の大会では3回目、夏の大会でも2013年から2016年の間に実施している。

 なお、甲子園駅以外の駅の列車接近時のメロディは大会期間中も変更しない。

◆「甲子園駅」列車接近時のメロディ変更
期間:2017年3月19日(日)始発~大会終了日の終電
※大会終了日は2017年3月30日(木)の予定
場所:阪神電気鉄道「甲子園駅」

《外岡紘代》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集