プロジェクターとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】

 プロジェクターとは【ひとことで言うと】「大型スクリーンに画像を投影する装置。パソコンの画面をそのまま写すこともできる」

教育ICT 先生
プロジェクターの例(エプソンのビジネスプロジェクター「EB-585W」)
プロジェクターの例(エプソンのビジネスプロジェクター「EB-585W」) 全 1 枚 拡大写真
 特集「ひとことで言うと?教育ICT用語」では、教育ジャンル中心の基礎用語から最新キーワードまでのIT用語辞典として、おもに教育関係者向けに用語をやさしく解説していく。記事を読んでいるときに、わからない用語があったときに役立てていただきたい。

◆プロジェクターとは


【読み】プロジェクター
【表記】Projector、類語:OHP(オーバーヘッドプロジェクター)
【分類】ハードウェア/技術
【ひとことで言うと】
「大型スクリーンに画像を投影する装置。パソコンの画面をそのまま写すこともできる」
【解説】
 「プロジェクター」は、大型スクリーンに画像を投影するための装置。いわゆる映写機で、複雑な図版なども事前に用意して投影できるため、板書を行わずに、児童・生徒らに聴衆に図版を即座に提示できる。

 教育現場では、透明なシートに画像を書き込み、裏から光を当ててガラスに反射させ、スクリーンに拡大して映し出す「オーバーヘッドプロジェクター」が長年利用されていた。またフィルムやスライドを映写できる「スライドプロジェクター」も多かった。オーバーヘッドプロジェクターは、手書き図版の作成は簡単だが、写真の投影などには利用しにくかった。逆にスライドプロジェクターは、写真の投影は簡単だが、手書き図版などを事前作成するのは難しかった。

 こうしたそれぞれの欠点を克服する形で、近年は、パソコンの画面信号を受け取りそのまま投影できるプロジェクターが普及している。また小型化も進み、一般家庭で映画などを楽しむのに、ホームプロジェクターを購入している人も多い。近年のプロジェクターは、画像の投影に、DLP方式や液晶方式を採用し、画像の明るさや鮮明さを向上させている。さらに、4K映像にまで対応しているモデルもある。

 教育現場では、黒板上部に吊して設置する、超短焦点・壁掛け対応モデルが人気だ。画面表示を完全にパソコンで制御し、板書と組み合わせるなどして、「電子黒板」にまで拡張して利用するケースも増えている。

 なお、平らな画面だけでなく、立体物をそのまま撮影し、プロジェクタースクリーンや大画面ディスプレイに表示できる「書画カメラ」(実物投影機、OHC)も存在する。

【関連用語】電子黒板、インタラクティブホワイトボード、書画カメラ
【最終更新日】2016年6月5日

《冨岡晶》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集