アプリ甲子園とは【ひとことで言うと?教育ICT用語】

 アプリ甲子園とは【ひとことで言うと】「中高生のためのスマートフォンアプリ開発のコンテスト」

教育ICT 先生
「アプリ甲子園」公式サイトトップページ
「アプリ甲子園」公式サイトトップページ 全 1 枚 拡大写真
 特集「ひとことで言うと?教育ICT用語」では、教育ジャンル中心の基礎用語から最新キーワードまでのIT用語辞典として、おもに教育関係者向けに用語をやさしく解説していく。記事を読んでいるときに、わからない用語があったときに役立てていただきたい。

◆アプリ甲子園とは


【読み】アプリこうしえん
【表記】Teens Apps Awards
【分類】その他
【ひとことで言うと】
「中高生のためのスマートフォンアプリ開発のコンテスト」
【解説】
 「アプリ甲子園」は、2011年からスタートした、中高生のためのスマートフォンアプリ開発のコンテスト。企画能力、あるいはプログラミング能力だけでなく、それらを総合し、実装したアプリの完成度で評価されるコンテストとなっている。次世代を担うクリエイターの発掘、その健全な育成支援が目的だ。D2Cが主催、ライフイズテックが運営を担当している。

 2015年大会では、全国より1,334作品の応募があり、決勝には小学6年生から高校3年生まで、10組・11名のファイナリストが進出した。最終審査は、プレゼンテーションおよび実機操作・プログラムソースコードの開示により行われ、企画力審査300点、実装力審査300点、合計600点で競われ、食物アレルギー情報アプリ「allergy(アレジー)」が1位を受賞している。

 2016年大会は、7月1日よりエントリーの受付けを開始し、8月31日に締め切り。その後選考が行われ、10月23日に決勝大会が行われる予定。

【関連用語】パソコン甲子園、コンテスト
【最終更新日】2016年6月23日

《冨岡晶》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集