豊田市「ミライの乗り物大集合」3/16-3/18開催

趣味・娯楽 未就学児

ミラノス
ミラノス 全 9 枚 拡大写真
 愛知県豊田市は、次世代モビリティが体験できるイベント「豊田市だよ!ミライの乗り物大集合」を、「とよたエコフルタウン」にて、3月16日から18日に開催することを発表した。入場無料で、最寄り駅と各イベント会場を結ぶシャトルバスも運行される。

 「豊田市だよ!ミライの乗り物大集合」は、「クルマの街」豊田市が主催する体験イベント。電気自動車やパーソナルモビリティのほか、普段は一般公開されていないものを含め、近未来を感じるさまざまな乗り物を楽しむことができる。

 イベントでは、通常の利用には登録が必要なシェアリングサービス「Ha:mo RIDE(ハーモライド)」も登録なしで体感することができる。「Ha:mo RIDE」は、超小型EV(電気自動車)を好きなステーション(専用駐車場)から借りて、好きなステーションに返すというサービス。3月16日、17日の2日間設置される。

 また、トヨタが開発する体重移動で動かす2輪型のパーソナルモビリティ「Winglet(ウィングレット)」の「ロングタイプ」も人数限定で試乗が可能。「ロングタイプ」は、ハンドル部分があり簡単に操作できる。ハンドルのない、よりアクティブでスポーティな「ショートタイプ」もある。シニアカー「COMOVE(コモビ)」の試乗、3人乗りの電動アシスト自転車「e人乗-Pedicab(イーペディキャブ)」の展示、「給電」の使い方も紹介される。

 3月18日は豊田市出身のモノマネ芸人、コージー冨田氏のモノマネショーを開催。さらに、トヨタ自動車EV事業企画室室長の豊島浩二氏と商品ジャーナリストの北村森氏による、講演会「クルマのミライがよくわかる ~これからのEV~」も開催される。講演会観覧には事前申込みが必要となる。

 イベントで運行されるシャトルバスは、水素を燃料に走る有害な排気ガスを出さないFCバス。公道を走行するFCバスは数が少ないため、FCバスに乗車できる数少ない機会となる。また、名古屋大学が開発した「交通ダイナミックマップ」の体験も用意。「Ha:mo RIDE」やFCバスから位置情報を取得し、現在どの位置を走行しているかをリアルタイムにタブレットで閲覧できる。

 とよたエコフルタウンは、豊田市が「ミライのフツーを目指そう」をテーマにした低炭素社会を体験できる施設。無理なく・無駄なく・快適に続けられることを目指し、市民・地域・企業が力を合わせて、環境都市としてのさまざまな取組みを展開するという。イベント開催期間中は、燃料電池自動車「MIRAI」が、タウン内にある地産地消レストラン「ホガラカ」の電力をまかなう。電力合成装置を使って電力を供給した「CARFE(カーフェ)」も営業する。

◆「豊田市だよ!ミライの乗り物大集合」
日時:2017年3月16日(木)~3月18日(土)10:00~17:00
会場:とよたエコフルタウン(愛知県豊田市元城町3-11)
入場料:無料
※詳細はWebサイトで確認

《神山千寿子》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集