東京都H28年度公立中学校等卒業者、進学者は7万7,688人

教育・受験 中学生

平成28年度公立中学校等卒業者(平成29年3月卒業)の進路状況調査の結果(一部抜粋)
平成28年度公立中学校等卒業者(平成29年3月卒業)の進路状況調査の結果(一部抜粋) 全 5 枚 拡大写真
 東京都教育委員会は7月13日、平成28年度公立中学校等卒業者(平成29年3月卒業)の進路状況調査の結果(速報値)について公表。進学者は7万7,688人(98.47%)で、前年度7万7,799人(98.56%)と比べ111人減少し、進学率も0.09ポイント減少した。

 東京都教育委員会は「公立学校統計調査」を毎年度実施している。今回公表されたのは、平成29年3月に東京都の公立中学校などを卒業した者の進路状況(速報値)について取りまとめたもの。調査対象は、都立中学校や義務教育学校(後期課程)を含む都内公立中学校621校で、中等教育学校(前期課程)は含まれない。調査時点は平成29年5月1日。

 平成28年度公立中学校等卒業者は、前年度比38人減の7万8,894人。そのうち7万7,688人が進学者(進学者のうち就職している者を含む)で、もっとも多い全日制高校の進学者は7万1,256人と前年度より565人減少した。全日制高校への進学者では、都内公立が4万2,452人、都内私立が2万5,207人、都内国立が263人のほか、都外(他県)への進学者は3,334人。

 また、進学者のうち定時制高校へは前年度比71人増の3,134人、通信制高校へは前年度比339人増の2,166人、特別支援学校高等部へは前年度比44人増の1,132人が進学した。そのほか、専修学校などへの入学者は456人、就職者は213人、そのほかの者(在家庭者など)は532人だった。在家庭者は前年度より50人増加しており、99人は「進学希望」となっている。

 なお、確定値および詳細については、10月下旬に小学校・高等学校・特別支援学校等の進路状況を含めて、公立学校統計調査報告書「公立学校卒業者(平成28年度)の進路状況調査編」として公表される予定。

《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集