JR北海道×LCC、25歳以下用のフリーパス登場

生活・健康 中学生

JR北海道
JR北海道 全 3 枚 拡大写真
 JR北海道はPeachやバニラエアとタイアップして、北海道をお得に周遊できるフリーパスを新千歳空港駅で販売する。中高生や大学生など25歳以下を対象とした「25歳以下用(U25)」は、10月1日より販売する。

 フリーパスは、新千歳到着便のPeachまたはバニラエアの搭乗券をみどりの窓口に提示すると購入できる。種類は、道東を対象とした「ひがし北海道フリーパス」、道北を対象とした「きた北海道フリーパス」の2種類。どちらもフリーエリア内の特急・快速・普通列車の普通車自由席を自由に乗り降りできる。

 ひがし北海道フリーパスは、新千歳空港から札幌、小樽、富良野、旭川、帯広、釧路、根室、網走を含むフリーエリアの特急・快速・普通列車の普通車自由席に限り、5日間自由に乗り降りできる。販売価格は一般用が大人1万5,500円、子ども(6歳~12歳未満)7,750円、25歳以下用(U25)が1万2,000円。利用期間は一般用が2018年4月4日まで、25歳以下用(U25)が10月1日~12月4日。

 きた北海道フリーパスは、新千歳空港から札幌、小樽、富良野、旭川、稚内を含むフリーエリアの特急・快速・普通列車の普通車自由席に限り、4日間自由に乗り降りできる。販売価格は一般用が大人1万2,500円、子ども(6歳~12歳未満)6,250円、25歳以下用(U25)が1万円。利用期間は一般用が2018年4月3日まで、25歳以下用(U25)が10月1日~12月3日。

 どちらのフリーパスも、新千歳便で到着した当日のみ新千歳空港駅で販売する。販売期間は一般用が2018年3月31日まで、25歳以下用(U25)が10月1日~2017年11月30日。25歳以下(U25)用は公的証明書(運転免許証、健康保険証)などにより年齢を確認する。

◆「Peachひがし北海道フリーパス」「バニラエアひがし北海道フリーパス」
利用期間:
【一般用】2018年4月4日まで
【25歳以下用(U25)】2017年10月1日~2017年12月4日
販売期間:
【一般用】2018年3月31日まで
【25歳以下用(U25)】2017年10月1日~2017年11月30日
※新千歳便で到着した当日のみ販売。前売りはなし。
販売価格:
【一般用】大人15,500円、子ども(6歳~12歳未満)7,750円
【25歳以下用(U25)】12,000円
販売場所:新千歳空港駅
有効期間:5日間

◆「Peachきた北海道フリーパス」「バニラエアきた北海道フリーパス」
利用期間:
【一般用】2018年4月3日まで
【25歳以下用(U25)】2017年10月1日~2017年12月3日
販売期間:
【一般用】2018年3月31日まで
【25歳以下用(U25)】2017年10月1日~2017年11月30日
※新千歳便で到着した当日のみ発売。前売りはなし。
販売価格:
【一般用】大人12,500円 子ども(6歳~12歳未満)6,250円
【25歳以下用(U25)】10,000円
販売場所:新千歳空港駅
有効期間:4日間

《工藤めぐみ》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集