平日夜間や土日に相談「かながわひとり親家庭相談ダイヤル」

生活・健康 保護者

神奈川県
神奈川県 全 2 枚 拡大写真
 神奈川県は、ひとり親家庭の支援を目的とした電話相談窓口「かながわひとり親家庭相談ダイヤル」を10月23日に開設した。「平日昼間は仕事のため相談に行けない」という声を考慮して、平日夜間や土日に相談できる。

 厚生労働省の平成28年国民生活基礎調査では、平成27年のひとり親世帯の貧困率は50.8%で、2人に1人以上が相対的貧困の状況にあることが明らかになった。これを受け神奈川県は、ひとり親家庭の支援を重点的に進めることとし、ひとり親家庭のニーズを把握するためのアンケートを実施した。

 新たに開設された「かながわひとり親家庭相談ダイヤル」は、アンケートでの「平日昼間は仕事のため相談に行けない」という声を考慮して、平日の午後5時~午後10時、土日祝日の午後2時~午後7時に相談を受け付ける。

 離婚に伴う悩みや仕事、子育て、教育費など生活上の不安や困っていることについて、相談員との対話を通して相談者の複合的な課題を整理。必要に応じて、支援体制や専門窓口を紹介する。

 ほかにも神奈川県では、ひとり親家庭に向けたリーフレットを発行しているほか、Webサイトでは各種支援制度を紹介している。

 神奈川県は、子どもの将来が生まれ育った環境によって左右されることのないよう、また、貧困が世代を超えて連鎖することのないよう、必要な環境整備と教育の機会均等を図るため、「神奈川県子どもの貧困対策推進計画」を平成27年3月に策定している。

◆かながわひとり親家庭相談ダイヤル
相談電話番号:045-211-5213(通話料は相談者負担)
相談受付時間:平日17:00~22:00、土日祝日14:00~19:00
※年末年始(12月29日~1月3日)は除く

《外岡紘代》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集