キッザニア初の長期フリーパス、3/1数量限定発売

趣味・娯楽 未就学児

キッズワーキングパス2018
キッズワーキングパス2018 全 3 枚 拡大写真
 キッザニア東京とキッザニア甲子園は、2018年6月1日から12月30日の期間の第2部に何度でも入場できるフリーパス「キッズワーキングパス2018」を、2018年3月1日に発売する。各会場とも数に限りがあり先着順での販売となる。キッザニア東京・甲子園の各Webサイトから購入できる。

 キッザニアでは、午前9時から午後3時までの第1部と、午後4時から午後9時までの第2部の完全入替2部制でアクティビティを楽しむことができる。これまで夏休み限定の「キッズサマーパス」や近隣地域限定の「シーズンパス」などの販売はあったものの、長期にわたるフリーパス販売を望む声が多く寄せられたことから、今回初めてとなる長期間のフリーパスを販売する。

 「キッズワーキングパス2018」は3歳から15歳までの子ども限定で、除外日を除き期間中何度でも第2部に入場することができる。料金はキッザニア東京が22,000円、キッザニア甲子園が20,000円(各税別)。キッザニアクラブ会員は特別価格としてそれぞれ2,000円割引で購入可能。3月1日よりキッザニア東京・甲子園の各Webサイトで先着順にて販売を開始する。

 なお、キッズワーキングパスを利用して入場する際は事前にWebサイトから予約が必要。同伴する保護者は都度大人料金が必要となる。利用できない除外日は、8月13日から15日のほか、ジュニアチャレンジジャパン・園児限定キッザニアなどのイベント開催日、休館日。

◆キッザニア キッズワーキングパス2018
利用期間:2018年6月1日(金)~12月30日(日)
利用時間:第2部(16:00~21:00)
対象:3歳~15歳
料金:キッザニア東京 22,000円、キッザニア甲子園 20,000円(各税別)
※キッザニアクラブ会員は特別価格として2,000円割引
発売日:2018年3月1日(木)
※各会場とも数量限定、先着順で販売
購入方法:キッザニア東京・甲子園のWebサイトから購入する

《畑山望》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集