50か国以上で展開、話題のプリスクール&アフタースクールが元麻布・自由が丘・阿佐ヶ谷・横浜に開校

 2020年4月、東京の自由が丘、阿佐ヶ谷、横浜の馬車道に、40年以上前に米国で誕生し世界50か国以上で展開するジンボリーによる1.5歳から9歳対象の幼児教室「ジンボリー インターナショナルプリスクール&アフタースクール」が開校する。

教育・受験 未就学児
ジンボリー インターナショナルプリスクールの教室の風景
ジンボリー インターナショナルプリスクールの教室の風景 全 3 枚 拡大写真
 40年以上前に米国で誕生し世界50か国・750教室以上で展開するジンボリープログラムによる1.5歳から9歳対象の「ジンボリー インターナショナルスクール」。最高の教育環境を提供することを目指し名古屋グローバルゲートに開校し注目された同校が、2020年4月いよいよ首都圏の元麻布、自由が丘、阿佐ヶ谷、横浜に誕生する。

オールイングリッシュで最高の教育環境



 ジンボリー インターナショナルスクールは、0歳から6歳までのジンボリー乳幼児教室のプログラムに、英語環境の中で楽しく英語に接すること、右脳開発により英語の脳を育てることを目標にし、会話はもとより、各教科の知識や社会のルールを身に付け、また世界中のさまざまな文化や習慣、自然科学、芸術などについて学び調べることで総合的教養をつけ、国際的視野を養います。

 なお「ジンボリー インターナショナルプリスクール」は、2019年10月にスタートした幼保無償化(※1)の対象となる。
※1 認可外保育施設等では、3歳から5歳までの子どもは月額37,000円まで、0歳から2歳までの住民税非課税世帯の子どもは月額42,000万円までの利用料が無料になる制度。

高付加価値学童を併設



 自由が丘校と杉並阿佐ヶ谷校には、多彩な習いごとや学習能力プログラムなどを提供し高付加価値学童として定評があるウィズダムアカデミー アフタースクール&アフターキンダガーテンも同時開校し、放課後には未就学児・小学生に多様な選択肢を提供する。インターナショナルスクールの会員に限らず、アフタースクールのみの利用も可能だ。

ライフスタイルに彩を提供



 新規開校する自由が丘、杉並阿佐ヶ谷、横浜馬車道の3校の特長は、教育プログラムの充実度はもちろんのこと、立地や設備の充実度でも、他と一線を画していること。

 たとえば横浜馬車道校は、音楽・アートなどの発信拠点となる文化施設と同じ横浜市認定歴史的建造物内に開校する。いずれの校舎もお子さまにも保護者にも快適な環境で、ライフスタイルに彩を提供するとしている。また、ルートバスによる送迎・付き添いサービス、食事の提供、延長の預かりにも対応し、忙しい保護者を強力にサポートする。

ジンボリー詳細・説明会申込み

遊びを軸に7つのプログラムで構成される「ジンボリー」



遊びを軸に7つのプログラムで構成される「ジンボリー」

インターナショナルスクール(週1からの料金)


・プリスクール
 プリスクール プレップ:1.5歳~ 月謝:40,000円~
 プリスクール:2歳~3歳 月謝:40,000円~
 プリスクール:4歳~6歳 月謝:35,000円~

ジンボリー インターナショナルプリスクールの教室の風景
ジンボリー インターナショナルプリスクールの教室の風景

・アフタースクール:3~9歳児 月謝:20,000円~
 ※18時以降は日本語で宿題を行うこともできます。

ジンボリー インターナショナルアフタースクールの教室の風景
ジンボリー インターナショナルアフタースクールの教室の風景

 ジンボリーのプログラムはArt、Play & Learn、Music、English、Sports、Global Kids、STEAMの7つのプログラムで構成され、「遊び」を通して子ども達が楽しく学び、成長できるように工夫されていることが特長だ。

 新規開校する元麻布校、自由が丘校、杉並阿佐ヶ谷校、横浜馬車道校のすべてが、英語ネイティブの先生方がオールイングリッシュで指導にあたる。

 開校責任者の辻年志子氏は、「世界中で40年間以上の歴史があるジンボリーは、幼児教育のエキスパートとして各国でその実績を認められてきました。世界では、ますます多様な文化と言語スキルに柔軟に対応できる人材が必要ですが、これからの時代に求められているのは単に英語が話せるという能力だけではなく、人種の壁を払い、多様な考え方を尊重しながら自分の考えを主張でき世界の課題を解決しようとするグローバル市民です。英語を身に付けることだけを目的とした詰め込み教育では子どもが潜在的にもつポテンシャルを引き出すことはできません。ジンボリーのプログラムは、ジンボリーならではの多彩なアクティビティを子ども達が楽しみながら経験できます。この幼児教育で培った独自のプログラムがジンボリーの強味です。」と説明する。

 バイスプレジデントの山田ニコル氏は「ジンボリー インターナショナルスクールでは、安全な施設で、オールイングリッシュで遊び、学びを追求することで、お子さまたちの個々の才能を発見し、お互いを認め合いながら国際感覚を磨いていきます」と語る。

 またカリキュラム開発責任者のマシュー・カイザー氏は、教材について「多様な色、レイアウト、絵など、使いやすく構成もしっかりしているNational Geographicシリーズのテキストを採用した」と説明。「臨場感溢れる素敵な写真を使用していることでも有名なシリーズは、五感を使うジンボリーの教育に最適です」という。

ジンボリー詳細・説明会申込み

送迎・食事付き学べる学童「ウィズダムアカデミー」



ウィズダムアカデミーアフターキンダガーテン:3歳~6歳


ウィズダムアカデミーアフタースクール:小学1年~6年



 自由が丘、杉並阿佐ヶ谷であわせて開校されるのは、英語にプログラミング、書道、そろばん、ピアノ、ダンス、アートなど豊富なラインナップの習いごとを校舎内でワンストップで受講でき、最長22時までの延長や夕食にも対応、さらに学校や保育園までのお迎えや、自宅まで送る送迎付き添いサービスも提供する人気の学童「ウィズダムアカデミー」。

 自由が丘と阿佐ヶ谷では、日中はオールイングリッシュのインターナショナルプリスクールで学び、その後も引き続きオールイングリッシュの「インターナショナルアフタースクール」で過ごすことも、多彩な習いごとを選択できる「ウィズダムアカデミーアフターキンダガーテン」で過ごすこともできるというわけだ。

ジンボリー詳細・説明会申込み

体験会&説明会



 自由が丘校、阿佐ヶ谷校、馬車道校では下記の日程で体験会&説明会を開催。Webサイトで申込みを受け付けている。

自由が丘校


 日程:2020年1月11(土)・2月1日(土) ※両日とも15:00~
 会場:現ジンボリー自由が丘校(東京都目黒区自由が丘1-5-1 feel 2F)

横浜馬車道校(仮)


 日程:2020年1月18日(土)・2月8日(土) ※両日とも14:00~
 会場:2020年1月18日(土)ワールドポーターズ6F 会議室1(横浜市中区新港二丁目2番1号 横浜ワールドポーターズ)・2月8日(土)北仲ブリック神奈川県横浜市中区海岸通5丁目25-1(ザ・タワー横浜北仲レジデンシャルサロン北仲敷地内)

杉並阿佐ヶ谷校


 日程:2020年1月19日(日)13:30~ 2月15日(日)14:00~
 会場:阿佐ヶ谷地域区民センター(東京都杉並区阿佐ヶ谷南1丁目47-17 1F)

元麻布(広尾)校


 日程:2020年1月25日(土)・2月22日(土) ※両日とも15:00~
 会場:ジンボリー元麻布(広尾)校(東京都港区2-3-30 元麻布クレストビル1階)

※説明会の会場は、教室とは異なるので注意

校舎の住所と問合せ先


ジンボリー自由が丘校:東京都目黒区八雲3-25-11 チェスナットヒルズ 2F
ジンボリー横浜馬車道校(仮):神奈川県横浜市中区北仲通5-57-3
ジンボリー元麻布(広尾)校:東京都港区2-3-30 元麻布クレストビル1F
ジンボリー杉並阿佐ヶ谷校:東京都杉並区阿佐谷南2丁目40-1
問合せ先の電話番号:03-5449-2311(東京・横浜)

《綾瀬しづか》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集