NTTドコモ、5G通信を強みにe-Sports事業へ参入

意外な会社がe-Sports事業に参入しました。

デジタル生活 その他
NurPhoto/NurPhoto/ゲッティイメージズ
NurPhoto/NurPhoto/ゲッティイメージズ 全 1 枚 拡大写真

NurPhoto/NurPhoto/ゲッティイメージズ


NTTドコモは、e-Sports事業に参入し、e-Sportsリーグの運営を開始すると発表しました。


2021年2月から運営するのは、スマートフォン向けバトルロイヤル『PUBG MOBILE』の「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」。プロ契約の選手が参戦し、年間を通じて試合を開催するとのことです。また同年、Riot Gamesとのパートナーシップによりスマートフォン向けMOBA『League of Legends:Wild Rift』の大会も開催予定です。


同社は、「5Gを活用した、より臨場感のあるVR・AR視聴体験や高速・大容量通信による快適なプレイ環境を提供し、人気ゲームタイトルを用いたe-Sportsリーグを開催することで、e-Sports産業を盛り上げていきます」とコメントしており、5G通信によって拡大するモバイルゲーム市場を視野に、運営規模を大きくしていく計画を明らかにしています。


なお、同社は、これらの大会の運営にあたってチームオーナーとスポンサーを募集中。詳細はこちらの資料より確認ください。

NTTドコモ、5G通信を強みにe-Sports事業に参入―スマホ版『PUBG』『League of Legends』大会の運営を2021年から開始

《真ゲマ》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集