TOEIC L&R公開テスト2/28、札幌など10受験地増設

 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は、2021年2月28日の午前・午後に実施する第262回・第263回TOEIC Listening & Reading公開テストにおいて、札幌、宮城、つくば・県南、石川、静岡、滋賀、奈良、岡山、広島、福岡の10受験地を増設する。

教育・受験 中学生
公開テストのようす(ソーシャルディスタンスをとって実施)
公開テストのようす(ソーシャルディスタンスをとって実施) 全 2 枚 拡大写真
 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は、2021年2月28日の午前・午後に実施する第262回・第263回TOEIC Listening & Reading公開テストにおいて、札幌、宮城、つくば・県南、石川、静岡、滋賀、奈良、岡山、広島、福岡の10受験地を増設する。

 IIBCは、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、会場確保が困難な状況が続いており、定員制での申込受付を導入している。これにより、座席数が限られることから、より多くの人に受験の機会を提供するため、2021年2月28日の午前・午後に実施する第262回・第263回TOEIC Listening & Reading公開テストについて、新たに10受験地を追加し、計18受験地で実施する。

 実施受験地は、札幌、宮城、つくば・県南、埼玉、千葉、東京、神奈川、石川、静岡、愛知、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、岡山、広島、福岡。IIBCは、今後も受験者や試験官の安全に配慮しながら、さらなる会場・座席の確保に努めていくとしている。

《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集