【冬休み2020】オンライン模擬裁判「ジュニアロースクール」中高生対象

 京都弁護士会は2021年1月9日、中高生を対象とした「第10回 ジュニアロースクール」をオンライン開催する。参加者は「裁判員」として判断を下す「評議」を体験するほか、現役弁護士との懇談タイムも設ける。定員は中高生各先着20名。参加無料、申込みはメールで受付。

教育イベント 中学生
第10回 ジュニアロースクール「君も裁判員!」
第10回 ジュニアロースクール「君も裁判員!」 全 3 枚 拡大写真
 京都弁護士会は2021年1月9日、中高生を対象とした「第10回 ジュニアロースクール」をオンライン開催する。参加者は「裁判員」として判断を下す「評議」を体験するほか、現役弁護士との懇談タイムも設ける。定員は中高生各20名。参加無料、申込みはメールにて先着順で受け付ける。

 ジュニアロースクールは、参加型・体験型の企画を通じて、中高生に法的思考方法や問題解決のメソッドを学んでもらうことを目的に京都弁護士会が開催している法教育イベント。2020年8月に初のオンライン開催を試みたところ、応募多数、定員超過により参加できなかった生徒が多くいたことから、年度内に再度同内容でのジュニアロースクール開催を決定した。

 今回も8月同様、刑事模擬裁判「君も裁判員!」を実施。京都を舞台にした架空の強盗致傷事件を題材に、無罪を主張する容疑者の青年について「青年は犯人なのか」を考え、話し合い、判断を下す「評議」を体験する。当日は中学生と高校生の開催時間を分け、それぞれ4~5名ずつの班に分かれて評議に挑戦。評議にあたり、弁護士による「刑事裁判の原則」の説明や、模擬裁判動画を視聴。評議の際は、各班に2~3名の弁護士がチューターとして入り議論をサポート。弁護士による講評も行い、オンライン上でも充実した議論ができるよう工夫されている。

 評議体験後は、懇談タイム「そうだ、『ベンゴシ』に聞いてみよう!」を実施。体験に参加した感想から、現役弁護士への質問、進路相談まで幅広く質疑を受け付ける。

 参加申込みは、専用Eメールにて受付。受付期間は12月1日~21日午後5時まで。定員は中学生・高校生、各先着20名で、参加無料。内容は8月に開催したものと同内容となるため、8月に参加した生徒の申込みは控えてほしいとしている。

◆第10回 ジュニアロースクール「君も裁判員!」
日時:2021年1月9日(日)中学生10:00~12:30、高校生13:30~16:00
会場:オンライン(Zoomを利用)
対象:中学生・高校生
定員:各20名(先着順)
受付期間:2020年12月1日(火)10:00~12月21日(月)17:00必着
参加費:無料
申込方法:必要事項を明記のうえ、受付専用Eメール宛に申し込む
※申込先アドレスは京都弁護士会Webサイト内イベントのお知らせから確認できる

《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集