【高校受験2021】埼玉県公立高校、出願手続は原則中学校がまとめて郵送に

 埼玉県は2020年12月18日、令和3年度(2021年度)埼玉県公立高等学校入学者選抜におけるさいたま市および川越市の市立高等学校の出願手続きなどの変更について発表。今回の変更により、出願は原則、中学校がまとめて郵送することとなる。

教育・受験 中学生
令和3年度埼玉県公立高等学校入学者選抜に係る出願手続について
令和3年度埼玉県公立高等学校入学者選抜に係る出願手続について 全 2 枚 拡大写真
 埼玉県は2020年12月18日、令和3年度(2021年度)埼玉県公立高等学校入学者選抜におけるさいたま市および川越市の市立高等学校の出願手続きなどの変更について発表。今回の変更により、出願は原則、中学校がまとめて郵送することとなる。

 さいたま市および川越市の市立高校への出願は、窓口にて選考手数料を納入するため持参のみとしていたが、今回の変更により、原則、中学校がまとめて郵送することとなる。

 埼玉県公立高校の出願手続きは、「原則、中学校がまとめて郵送(2021年2月12日配達日指定)による出願」と統一される。志願者本人が郵送による出願(2月12日配達日指定)、志願者が高校に持参して出願(2月15日・16日)も可能。

 入学選考手数料は、埼玉県立高校と川口市立高校が全日制の課程2,200円、定時制の課程950円(埼玉県立高校は埼玉県収入証紙、川口市立高校は振込みによる納入)、さいたま市立高校と川越市立高校が2,200円(原則、振込による納入)。さいたま市、川越市の市立高校は、2月15日・16日に志願者が高校に持参して出願する際、入学選考手数料を現金で納入することも可能。

《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集