【高校受験2021】都立高入試、英語リスニングテストで不具合

 東京都教育委員会は2021年2月21日、同日に行われた都立高等学校入学者選抜(第1次募集・分割前期募集)の英語リスニングテストにおいて、放送の不具合があったと公表した。Webサイトで概要と採点上の対応について掲載している。

教育・受験 中学生
東京都教育委員会
東京都教育委員会 全 2 枚 拡大写真
 東京都教育委員会は2021年2月21日、同日に行われた都立高等学校入学者選抜(第1次募集・分割前期募集)の英語リスニングテストにおいて、放送の不具合があったと公表した。Webサイトで概要と採点上の対応について掲載している。

 放送の不具合があったのは都立橘高校。英語学力検査において、全検査教室(9教室)で、リスニングテストの際に内容が途中から流れたため、放送を中止した。

 橘高校の受検状況は、全日制が募集人員147人に対し、受検人員が168人、定時制が募集人員30人に対し、受検人員が22人。東京都教育委員会は、採点上の対応として、リスニングテストの問題(大問1)について、全員に一律20点を与えるとした。

 学力検査に基づく第1次募集・分割前期募集(海外帰国生徒対象および在京外国人生徒対象(国際高校)を除く)は今後、3月2日に合格発表を実施。入学手続きは3月2日午前9時30分から午後3時30分までと、3月3日午前9時から正午まで受け付ける。

《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集