ゲームを活用した社会課題解決、青学大×バンナムが共同研究開始

 青山学院大学総合プロジェクト研究所「知財と社会問題研究所(以下「SSP-IP」)」とバンダイナムコエンターテインメントは2021年1月より、共同で「ゲームを活用した社会課題解決の可能性の研究」を開始。6月26日には、スタートアップシンポジウムを実施予定。

デジタル生活 その他
青山学院大学総合プロジェクト研究所
青山学院大学総合プロジェクト研究所 全 1 枚 拡大写真
 青山学院大学総合プロジェクト研究所「知財と社会問題研究所(以下「SSP-IP」)」とバンダイナムコエンターテインメントは2021年1月より、共同で「ゲームを活用した社会課題解決の可能性の研究」を開始。6月26日には、スタートアップシンポジウムを実施予定。

 「ゲームを活用した社会課題解決の可能性の研究」は、社会課題解決に向け、ゲームをモデルケースとした共同研究。eスポーツに関する研究や発表などを行ったメンバーが在籍する「SSP-IP」の研究の知見と、バンダイナムコエンターテインメントのゲームを中心としたエンターテインメントに関する知見が融合し、実践的な研究を行うことで、ゲームを通してすべての人が共に尊重し、成長し合う社会の実現を目指す。

リシードで全文を読む

《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集