ツインリンクもてぎ、グランピングエリア登場…テント間隔は7m以上

ツインリンクもてぎは、「森と星空のキャンプヴィレッジ」内に、家族だけのプライベート空間をベースにもてぎの森を堪能できる新たなグランピングエリアを7月1日にオープン。3月19日よりWEB予約を開始する。

趣味・娯楽 その他
新グランピングエリア(イメージ)
新グランピングエリア(イメージ) 全 1 枚 拡大写真
ツインリンクもてぎは、「森と星空のキャンプヴィレッジ」内に、家族だけのプライベート空間をベースにもてぎの森を堪能できる新たなグランピングエリアを7月1日にオープン。3月19日よりWEB予約を開始する。

新グランピングエリアはプライベート空間を確保するためサッカーコートほどの広大なエリアに、わずか13サイトを贅沢に配置。隣のテントとの間隔が7m以上あり、全サイト駐車スペース付で滞在中は、家族だけのプライベート空間を確保できる。

玉ねぎのような丸い形が特徴の大型テントは、4ベッドを常設。もてぎの森をモチーフにした上質なインテリアに包まれたテントの中で、大切な人と語らいながらくつろぐことができる。また、テントに併設した屋根付きのダイニングスペースでは、四季折々で異なる自然の息吹を感じながら食事を楽しめる。

今回の新設サイトオープンにより、グランピングサイトは合計28サイトとなる。新設サイトの利用料金(4名利用時:大人2名+小学生2名 夕・朝付き)は6万2000円。

ツインリンクもてぎ、ゆとりの新グランピングエリア登場、テント間隔は7m以上

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集