ユーバー監修「プログラミング講座」進研ゼミ小学講座で配信開始

 ユーバーは、監修する学習コンテンツ「プログラミングレッスン」を、進研ゼミ小学講座の新講座「プログラミング講座」にて2021年4月1日から配信を開始した。

教育・受験 小学生
開講した「プログラミング講座」
開講した「プログラミング講座」 全 2 枚 拡大写真
 ユーバーは、監修する学習コンテンツ「プログラミングレッスン」を、進研ゼミ小学講座の新講座「プログラミング講座」にて2021年4月1日から配信を開始した。

 ユーバーは、子供向けプログラミング学習サービスを展開している。配信開始した「プログラミング講座」は、「進研ゼミ小学講座」のオプション教材。小学生が自宅で楽しくパソコンやチャレンジタッチ専用タブレットを使って学べ、学校の学びを超えた「プログラミング的思考」を育み、ひとつ上の「問題解決力」を身に付けることを目指す。

 プログラミング講座の「じょうほうレッスン」の1つ「プログラミング的思考」では、見て学べる動画授業で、キャラクターと一緒にプログラミング特有の考え方を無理なく理解できる。Scratch(スクラッチ)を用いた「プログラミングレッスン」では、実際にブロックを組み立てて試行錯誤の中で道筋の立て方や論理的思考力を鍛える。プログラミング講座にあるバーチャルな図書館など施設で起こった困りごとをプログラミングで解決して助けるというストーリーが、子供のやる気を引き出すという。他にも「じょうほうレッスン」は、「情報デザイン」「情報モラル・セキュリティ」「機器操作」と、21世紀社会を生きるために必要な素養を身につける学びで構成されている。

 学習時間の目安は1週間に約30分。やる気に応じてもっと取り組めるコンテンツも用意している。進研ゼミ小学講座のオプション教材「プログラミング講座」は、月あたりの受講費2,900円(税込・1年分一括払いの場合)。詳細はWebサイトで確認できる。

 「進研ゼミ小学講座」は、タブレットを利用し、動画や音声によるレッスンを自身で操作し考え方をイメージしながら理解する「チャレンジ タッチ」と、しっかり紙に書く学習で自分のペースでじっくり取り組む「チャレンジ」から選択できる。

《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集