共通テスト、手数料の値上げ分「学生に転嫁やめて」

 大学入試センターが大学入学共通テストを利用する大学への成績提供手数料の値上げを検討していることを受け、文部科学省の萩生田光一大臣は2021年4月13日、「学生に転嫁するのはやめてもらいたい」と語った。成績提供手数料の値上げ分を受験料に上乗せしないよう強調した。

教育業界ニュース 文部科学省
萩生田光一文部科学大臣の会見
萩生田光一文部科学大臣の会見 全 1 枚 拡大写真
 大学入試センターが大学入学共通テストを利用する大学への成績提供手数料の値上げを検討していることを受け、文部科学省の萩生田光一大臣は2021年4月13日、「学生に転嫁するのはやめてもらいたい」と語った。成績提供手数料の値上げ分を受験料に上乗せしないよう強調した。

 大学入試センターは4月9日、現状の財政構造のままでは大学入学共通テスト(以下、共通テスト)の継続的・安定的実施が困難とするワーキングチームの議論のまとめを公表。共通テスト成績送付に要する事務手続き費用として、入学志願者1人1回につき750円を大学から徴収している「成績提供手数料」を値上げする方針を示している。

リシードで全文を読む

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集