ポピンズ×愛知県、コロナで育児が困難になった家庭に保育支援

 ポピンズは2021年4月27日、愛知県と協働し、育児中の保護者が新型コロナウイルス感染による入院等で一時的に子供の育児ができなくなった場合の保育支援を実施していくことを発表した。

生活・健康 未就学児
ポピンズ
ポピンズ 全 2 枚 拡大写真
 ポピンズは2021年4月27日、愛知県と協働し、育児中の保護者が新型コロナウイルス感染による入院等で一時的に子供の育児ができなくなった場合の保育支援を実施していくことを発表した。

 愛知県では、保護者が新型コロナウイルス感染による入院等で、一時的に子供の養育が難しくなった場合に、保護者の入院等期間中に愛知県の児童相談センターが児童福祉法に基づき、子供の一時保護を実施している。その一時保護中の子供の保育に関して、ポピンズがナニーを手配し、就寝時を含む見守りや食事・お風呂のサポート等、子供を安心・安全に保育するのに必要な生活支援を行う。

 期間は4月27日から2022年3月31日まで(新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況により変更の可能性あり)。対象は、愛知県在住の18歳未満の児童。支援を受ける児童は、新型コロナウイルス感染症のPCR検査において陰性であること。

◆新型コロナウイルス感染症濃厚接触児童等保護補助業務委託事業
期間:2021年4月27日(火)~2022年3月31日(木)
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況により変更の可能性あり
場所:愛知県が指定する場所
対象:愛知県在住の以下すべての要件を満たす18歳未満の児童
(1)保護者が新型コロナウイルス感染症に感染した等の理由で、一時的に養育が必要となる児童
(2)新型コロナウイルス感染症のPCR検査において陰性となった児童

《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集