森・川・海の名人に聞く「聞き書き甲子園」参加高校生募集

 聞き書き甲子園実行委員会は、第20回「聞き書き甲子園」に参加する高校生を募集している。参加者は、全国12地域の林業家等の名人を訪ね、1対1で「聞き書き」する。参加費は無料。申込みはWebサイトにて受け付けており、参加申込書と応募動機を書いた作文を郵送する。

教育イベント 高校生
「聞き書き甲子園」では高校生が名人を取材する
「聞き書き甲子園」では高校生が名人を取材する 全 7 枚 拡大写真
 聞き書き甲子園実行委員会は、第20回「聞き書き甲子園」に参加する高校生を募集している。参加者は、全国12地域の林業家等の名人を訪ね、1対1で「聞き書き」する。参加費は無料。申込みはWebサイトにて受け付けており、参加申込書と応募動機を書いた作文を郵送する。

 「聞き書き甲子園」は、毎年全国の高校生が農林水産省の関連団体より選定・表彰される森・川・海の名人を訪ね、その知恵や技、心を「聞き書き」し、記録、発信する活動。2002年度にスタートし、今回で20回目を迎える。

 「聞き書き」の基本は、1対1のコミュニケーション。高校生は、名人との対話をすべて録音し、その言葉を一言一句書き起こし、名人だけの言葉を使って、その語り口を生かした作品にまとめる。

 今回の取材先は、山形県小国町や岐阜県東白川村、長崎県大村市等、全国12地域。1対1で聞き書きする全国の高校生88名を募集している。参加費は無料。応募はWebサイトにて受け付けており、参加申込書と応募動機を書いた作文を郵送する。応募締切は6月24日(必着)。

 参加者の決定は7月下旬。8月に行われる事前研修に参加する。聞き書き取材は9月から12月上旬に、原則として2回行う。2022年3月下旬には、成果発表会を開催予定。

◆第20回「聞き書き甲子園」参加者募集
対象:高校生
募集人数:88名
参加費:無料
応募方法:Webサイトにて申し込み、参加申込書と応募動機を書いた作文を郵送する
※参加申込書はWebサイトにてダウンロードできる
応募締切:2021年6月24日(木)必着

《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集