PTA活動「積極的に参加できない」その最大の理由と解決策

 無料のグループコミュニケーションアプリ「BAND」を運営するNAVERは子供をもつ保護者を対象に、PTA活動に関するアンケートを実施した。PTA活動にも、デジタル化の風が吹き始めている。調査結果をもとに、その現状を解説する。

教育ICT 保護者
PTA活動「積極的に参加できない」その最大の理由とは
PTA活動「積極的に参加できない」その最大の理由とは 全 11 枚 拡大写真
 入学、進級でドキドキするのは子供たちだけではない。保護者もまた然りだ。新しいクラスで迎える初めての保護者会で必ず議題にあがるのが、PTA活動についての役割決め。子供の教育活動に対して意義深く、協力したい思いがある一方で、仕事や家事に忙しい保護者にとって、その負担は決して小さくはない。

 無料のグループコミュニケーションアプリ「BAND」を運営するNAVERは子供をもつ保護者を対象に、PTA活動に関するアンケートを実施した(実施期間:2021年4月19日から4月30日、有効回答者数110人)。

PTA活動は、学校関係の情報をタイムリーに入手する最適な手段



 今回の調査の回答者は小中高校生をもつ保護者。その中でもPTA活動に「役員として参加している」「役員ではないが積極的に参加している」「役員でなく積極的ではないが参加している」「現在は参加していないが、以前参加していた」と回答した107名に、PTA活動参加の理由を聞くと「子供のために活動しなければならないから」(26%)、「学校関係の重要な情報を逃さないため」(19%)という使命感と義務感に駆られて参加している方が多い結果となった。

2021年4月に実施されたBAND運営部によるPTA活動に関する調査「PTAで活動されている理由はなんですか」PTA活動に参加している理由

 自由記述の回答に「保護者の方たちや先生方とコミュニケーションが増える」「学校のようすや同じ年代の子供たちのようすを知ることができる」等が寄せられた事実からも、PTA活動に参加することで、他の保護者や先生との交流の機会が増え、関係も円滑になり、そのネットワーク形成ゆえ、学校からの情報をキャッチアップしやすくなるというメリットが明らかになった。

「PTA活動は大変」と感じる最大の理由



 多くのやりがいを感じられ、メリットもあるとは言え、普段の家事や仕事の合間を縫っての活動は、多かれ少なかれ負担を感じてしまうものだ。「PTAの活動をしながら『大変だな』と感じるときはありますか」という質問には、「役員選出への負担を感じるとき」(19%)に次いで、「仕事をしながらPTAに参加するとき」(17%)、「連絡事項が多く、時間が取られるとき」(12%)との回答が多く寄せられた

2021年4月に実施されたBAND運営部によるPTA活動に関する調査「PTAの活動をしながら『大変だな』と感じるときはありますか」PTAの活動をしながら『大変だな』と感じるときとは?

 また、同調査において「役員でなく積極的ではないが参加している」「参加していない」「現在は活動していないが、以前参加していた」と回答した26名に、積極的に参加できない理由を聞いた。その結果、「学校に出向いての対面での集まりが多く面倒なイメージ」(29%)との回答がもっとも多かった

2021年4月に実施されたBAND運営部によるPTA活動に関する調査「積極的に参加できない/参加していない理由を教えてください」PTA活動に積極的に参加できない/参加していない理由

 具体的な負担の内容について問う「PTAでいちばん話し合うことが多い業務はなんですか。 また忙しい時期や特定のイベントがあれば教えてください」という質問には、下記のような回答が寄せられた。

年間65~70回ほどあり、ほとんど不必要な内容。毎回の情報共有が大変。
広報。 記事の構成や写真の選定等、意見交換が必須だから。
見守りパトロール隊の順番決め等での連絡やりとり。ひたすら連絡ばっかり。
役員選出時期の4月は週に2、3回集まり集計作業をするので大変でした。
各委員会の実際の活動について、これまではすべて集合し、プリント配布と対面での説明を行っていたが、欠席者への対応や急な変更等に対応が難しかった。

 保護者同士や先生とのやりとりにメリットを感じる一方、その頻度の高さやコミュニケーションスタイルを負担に感じる保護者が多いことがうかがえる。

PTA活動のスリム化を目指すための方法とは



 対面での打合せ、手紙やプリントの配布、電話での連絡がベースとなるPTA活動にも、デジタル化の風が吹き始めている。無料のグループコミュニケーションアプリ「BAND」も、PTA活動に活用できるツールのひとつだ。BAND運営部によれば、アプリのダウンロード数は全世界で1億を突破しており、日本だけでもスポーツチームやPTA、習い事教室など約200万のグループがBANDを利用しているという。

BANDを無料ダウンロードしてPTA活動に活用しよう
 BANDは、かつ誰でもかんたんにオンラインで連絡を取り合える、グループでのコミュニケーションに特化したアプリで、トークの他、掲示板、写真・動画・ファイルの共有、予定管理、出欠管理、ライブ配信等の機能を備えている。メールアドレスや電話番号、FacebookやLINE等のSNSアカウントで簡単に会員登録をすることができ、すべての機能が無料で利用できる。セキュリティ面においても国際認証を取得しており、安心して利用できるのもポイントだ。

グループコミュニケーションアプリ「BAND」すべての機能無料で利用できるので導入しやすい

 スマホ、タブレット、そしてPCからもアクセスできるので、あらゆる場面で活用できる。子供を公園で遊ばせているときにスマホで掲示板をチェックしたり、日中仕事に取り組む傍らPCからアクセスし、PTAグループのやりとりをチェックしたり、情報を取り逃がすことが減り、PTA活動参加の負担も軽減されそうだ。

 また、BANDの特徴である、テーマごとのスレッドに分けてやりとりを進行できるという点は、議題や話し合うことの多いPTA活動において、欠かせない条件だ。PDFやMicrosoft Excelなどのファイル共有もできるので、議事録や会計資料のペーパーレス化の実現も可能。議題ごとにスレッドを作成できるだけでなく、各スレッドに個人が投稿する際に、ハッシュタグを付けることで、関連する投稿同士を結び付けて管理することができる。たとえば、運動会の準備に関する投稿であれば「#運動会準備」、広報誌の作成に関する投稿であれば「#2021年度広報誌」、意見を募りたい投稿であれば「#意見募集」等だ。

 BAND運営部によれば、実際に利用しているPTA役員からは、
感染予防はもちろん、学校に足を運ぶ手間が格段に省けて効率的になった。
子どもたちが家にいても活動に参加できるので活動へのハードルが下がった。
紙や口頭で行っていたものを確実に、素早く伝えることができるようになった。
という声があがっているという。

グループコミュニケーションアプリ「BAND」ではハッシュタグで投稿を関連付けられるので便利各投稿にハッシュタグを付けて管理できる

コストもゼロ!「BAND」で実現するストレスのないPTA活動



 すでにBANDを利用しているユーザーの声をもとに、PTA活動に活用できる機能を3つ、ピックアップして紹介しよう。

投票・アンケート機能


 まず、投票機能だ。打合せの日程調整やお弁当の希望の集計、運動会や入学式等のPTA行事の役割分担等、グループメンバーの意見を聞くことが可能。投稿画面から「投票」や「アンケート」が作成でき、項目を設定するだけでフォームが完成する。メンバーもワンタッチで投票することができ、結果も一目でわかるので集計の手間もかからない

グループコミュニケーションアプリ「BAND」のアンケート機能フォーム作成、回答、集計すべてが簡単

 あらかじめ日程が決まっている場合は、参加者募集機能も便利だ。当日の役割業務や時間帯を入力しておくことで、立候補を募ることができる。

グループコミュニケーションアプリ「BAND」の参加者募集機能グループコミュニケーションによくある場面に応じた機能が豊富

カレンダー機能


 「アラーム設定ができるなど、予定管理にも便利」とユーザーから好評のカレンダー機能。投稿画面から「予定を追加」すると、重要な行事、会議等をカレンダーに登録でき、グループメンバーで共有したスケジュールを管理することができる。事前通知を設定すれば、リマインド通知も可能だ。To-Doリストと併せて活用すれば、業務の進行状況も把握でき、効率的にPTA活動を進めることができる。

グループコミュニケーションアプリ「BAND」のカレンダー機能外部カレンダーとの連携も可能

メンバーだけの音声・ビデオ通話


 オンライン会議機能は、昨今のコロナ禍でもっとも望まれている機能だろう。既存のユーザーからも「BANDを活用してPTA総会から役員会、合同役員会等オンラインでできると移動時間だけでも短縮できる」との声が聞かれ、「PTA活動=学校での対面の打合せの多さ」というマイナスポイントを一掃してくれる機能だ。

グループコミュニケーションアプリ「BAND」のオンライン会議機能グループ内通話も手軽にできる

PTA活動のスリム化に成功した事例とは?
 一方で、教育現場特有の課題も見え隠れする。児童生徒の個人情報が関わる場合、とりわけ学校では利用するコミュニケーションツールの管理に厳しく、今回の調査では「学校におけるコミュニケーションのデジタル化なきままに、PTA活動だけ先走ることはできない」と言ったコメントも寄せられた。

 家事や仕事で忙しい保護者も、子供に充実した教育を提供したい思いは皆変わらない。少しでも「協力したい」という思いがある保護者が、PTA活動に参画できるような環境を整える必要があるだろう。

《野口雅乃》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集