男子サッカー日本代表の珍しいレア名字ランキング1位は?

 「名字由来net」提供するリクスタは2021年7月28日、「東京2020オリンピック男子サッカー日本代表選手の珍しいレア名字ランキングベスト22」を発表した。トップ3には、1位「堂安」、2位「旗手」、3位「三笘」が選ばれた。

趣味・娯楽 その他
東京2020オリンピック男子サッカー日本代表選手の珍しいレア名字ランキングベスト22
東京2020オリンピック男子サッカー日本代表選手の珍しいレア名字ランキングベスト22 全 2 枚 拡大写真
 「名字由来net」提供するリクスタは2021年7月28日、「東京2020オリンピック男子サッカー日本代表選手の珍しいレア名字ランキングベスト22」を発表した。トップ3には、1位「堂安」、2位「旗手」、3位「三笘」が選ばれた。

 名字由来netは日本で唯一、名字を専門的に調査している機関で、日本人の名字を政府発表の最新統計データや全国電話帳データをもとに独自に調査を行い、日本の全人口の99.04%(2021年3月現在)を網羅している。

 2021年7月28日に発表した「東京2020オリンピック男子サッカー日本代表選手の珍しいレア名字ランキングベスト22」では、第32回オリンピック競技大会東京2020のサッカーU-24日本代表選手を対象として、2021年3月時点の政府発表統計および全国電話帳データをもとにルーツ製作委員会が独自に算出した。

 ランキングは1位が全国人数約120人で「堂安(どうあん)」。堂安選手の出身地でもある兵庫県にもっとも多く、およそ60人(約50%)みられるという。2位が全国人数約780人で「旗手(はたて)」。広島県に多く、およそ270人(約35%)。第3位は、MFの「三笘(みとま)」で全国人数約840人。大分県にもっとも多く、およそ360人(約43%)みられるという。

 4位は「橋岡(はしおか)」、5位は「冨安(とみやす)」、6位は「瀬古(せこ)」、7位は「大迫(おおさこ)」、8位は「板倉(いたくら)」、9位は「相馬(そうま)」、10位は「三好(みよし)」と続いた。

 ランキングの詳細は「名字由来net」Webサイトから見ることができる。この他、「平成生まれの芸能人珍しいレア名字ランキング」や「『青天を衝け』大河ドラマ出演者珍しい名字ランキング」等、さまざまな名字のランキングを紹介している。

◆東京2020オリンピック男子サッカー日本代表選手の珍しいレア名字ランキングベスト22
1位:「堂安(どうあん)」
2位:「旗手(はたて)」
3位:「三笘(みとま)」
4位:「橋岡(はしおか)」
5位:「冨安(とみやす)」
6位:「瀬古(せこ)」
7位:「大迫(おおさこ)」
8位:「板倉(いたくら)」
9位:「相馬(そうま)」
10位:「三好(みよし)」

《鈴木あさり》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集