アマチュア無線体験局「JOTA-JOTI Plaza」10月開催

 ボーイスカウト日本連盟は、東京・愛知・大阪の3会場においてアマチュア無線免許を持たない子供でも運用体験ができるアマチュア無線体験局「JOTA-JOTI Plaza」を2021年10月16日、17日に開催する。

教育イベント 小学生
アマチュア無線体験局「JOTA-JOTI Plaza」
アマチュア無線体験局「JOTA-JOTI Plaza」 全 4 枚 拡大写真
 ボーイスカウト日本連盟は、東京・愛知・大阪の3会場においてアマチュア無線、免許を持たない子供でも運用体験ができるアマチュア無線体験局「JOTA-JOTI Plaza」を2021年10月16日、17日に開催する。

 野外活動等さまざまな体験を通して、青少年を育成するボーイスカウト日本連盟は、世界中のスカウト(青少年)や指導者(成人)が、アマチュア無線やインターネットを通じて、国内各地や外国の仲間と交信し、知識と友情を深めることを目的に開催するデジタルイベント「JOTA-JOTI」に参画している。

 その開催期間である2021年10月16日、17日に、東京・愛知・大阪の3会場においてアマチュア無線、免許を持たない子供でも運用体験ができる、アマチュア無線体験局「JOTA-JOTI Plaza」を開催する。

 ボーイスカウトでは、ハイキングやキャンプといった野外活動の中で、現在位置の確認等、通信方法の一つとして、アマチュア無線を取り入れた活動を行ってきた。免許を持たない青少年及び一般の人が、運用することの出来る「アマチュア無線体験局」の仕組みを利用した体験を実施することで、子供たちにアマチュア無線の運用機会を提供し、ワイヤレスを活用するための基礎知識や能力を有する人材を育てることを目指している。

 JOTA(アマチュア無線によるジャンボリー)-JOTI(インターネットによるジャンボリー)は、世界スカウト機構(WOSM)が主催する公式国際行事で、スカウトや指導者がアマチュア無線やインターネットを通じて、国内各地や外国のスカウト仲間と交信し、お互いを理解し、知識と友情を深めることを目的とする、世界最大級のデジタルスカウトイベント。

 ボーイスカウト日本連盟は世界スカウト機構憲章に基づき、日本におけるボーイスカウト運動を普及し、その運動を通じて青少年の優れた人格を形成し、かつ国際友愛精神の増進を図り、青少年の健全育成に寄与することを目的としている。日本では「団」と呼ばれる活動母体が約2,000あり、およそ8万人が活動している。2022年に日本連盟創立100周年を迎える。

◆JOTA-JOTI Plaza(ジョタ・ジョティ・プラザ)
日時:2021年10月16日(土)、17日(日) 10:00~16:00(時間は会場毎に調整中)
場所:東京会場【コールサイン8J1JOTA】日本連盟スカウト会館(東京都杉並区下井草4-4-3)
愛知会場【コールサイン8J2JOTA】廣徳寺(愛知県知多郡美浜町時志南平井91-2)
大阪会場【コールサイン8J3JOTA】池田市民文化会館(大阪府池田市天神 1-7-1)
目的:WOSMの公式国際事業であるJOTA-JOTIの国内での周知のため、おもにアマチュア無線を中心としたプログラム体験できる環境として国内イベント「JOTA-JOTI PLAZA」を開催。
内容:地域のスカウトを対象とした体験局の運用、スカウトや一般アマチュア無線家との交信体験
参加資格:ボーイスカウトの加盟員
※コールサイン(call sign)とは、無線通信において、無線局を一意に識別するために割り当てられた識別子で、一般には政府等の公的機関によって正式に割り当てられたもの

《大田芳恵》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集