秋の「都民半額観劇会」歌舞伎座等7劇場23公演…10/8締切

 東京都と東京都歴史文化財団は、日本演劇興行協会と都民劇場の協力を得て、秋の「都民半額観劇会」(第171回)を開催する。対象の公演を入場券1枚につき、各劇場が指定する代金の半額に、取扱手数料500円を加えた額で観劇できる。

趣味・娯楽 その他
東京都
東京都 全 2 枚 拡大写真
 東京都と東京都歴史文化財団は、日本演劇興行協会と都民劇場の協力を得て、秋の「都民半額観劇会」(第171回)を開催する。対象の公演を入場券1枚につき、各劇場が指定する代金の半額に、取扱手数料500円を加えた額で観劇できる。

 「都民半額観劇会」は、春(4月)・夏(7月)・都民の日記念/秋(10月)・冬(1月)の年4回開催されるイベント。秋は10月1日の「都民の日」にあわせ、都民の日記念として行われており、今回で第171回を迎える。

 実施劇場は、歌舞伎座・国立劇場・シアタークリエ・新橋演舞場・帝国劇場・日生劇場・明治座の7劇場。松本白鸚・松たか子らが出演するミュージカル「ラ・マンチャの男」、渡辺えり・キムラ緑子らが出演する「恋ぶみ屋一葉『有頂天作家』」、岡田将生・倉科カナらが出演する「ガラスの動物園」等、11演目23公演が対象となる。

 すべての対象公演が、入場券1枚につき各劇場が指定する代金の半額に取扱手数料500円を加えた額で観劇可能。開催日時や劇場、料金は演目によって異なり、東京都のWebサイトで確認できる。申込みは、通常ハガキでのみ受け付け、申込み1件につき、入場券郵送料84円と送金手数料121円が別途必要。締切りは10月8日(消印有効)。各劇場が提供する枚数は合計6,000枚。応募枚数が各公演にて提供する予定枚数を超えた場合は抽選となる。

 当選者には10月18日から27日にかけて当選通知と払込用紙を送付。当選通知の送付をもって当選とし、落選の場合は通知されない。なお、観劇の際はマスクの着用、手指の消毒、検温等、各劇場の新型コロナウイルス感染症対策への協力を呼びかける他、感染拡大の状況によっては観劇会が中止となる場合もあるとしている。

◆都民の日記念日/秋の「都民半額観劇会」(第171回)
実施劇場:歌舞伎座・国立劇場・シアタークリエ・新橋演舞場・帝国劇場・日生劇場・明治座
提供枚数:合計6,000枚
※応募枚数が各公演にて提供する予定枚数を超えた場合は抽選となる
申込方法:通常ハガキに希望公演番号等必要事項を記入のうえ申し込む
申込締切:2021年10月8日(金)消印有効

《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集