【大学受験】私大医学部の実質倍率、慶大6.1倍

 SAPIX YOZEMI GROUPが運営する、医学部合格を目指す受験生のための総合情報サイト「医学部研究室」は2021年9月17日、2021年度の私立・準大学入試結果を掲載した。聖マリアンナ医科大学は一般選抜・後期の実質倍率が107.3倍だった。

教育・受験 高校生
2021年度 私立・準大学入試結果
2021年度 私立・準大学入試結果 全 2 枚 拡大写真
 SAPIX YOZEMI GROUPが運営する、医学部合格を目指す受験生のための総合情報サイト「医学部研究室」は2021年9月17日、2021年度の私立・準大学入試結果を掲載した。聖マリアンナ医科大学は一般選抜・後期の実質倍率が107.3倍だった。

 2021年度の私立・準大学入試結果は、
各大学・方式・募集枠の募集人員や志願者数、受験者数、1次合格者数、2次受験者数、合格者数、志願倍率、実質倍率、合格最低得点率を一覧表にまとめている。一般選抜の他、特別選抜についても掲載。チェックボックスを利用して、大学名で絞り込むこともできる。

 たとえば、慶應義塾大学(一般)は、志願倍率が18.9倍、実質倍率が6.1倍、合格最低得点率が50.2%(1次)だった。

 実質倍率が60倍以上となったのは、昭和大学(一般・II期)61.1倍、日本医科大学(一般・福島県枠)62.0倍、聖マリアンナ医科大学(一般・後期)107.3倍、金沢医科大学(一般・後期)65.5倍、関西医科大学(一般・後期)64.1倍、久留米大学(一般・後期)65.2倍。

 医学部研究室ではこの他、2022年度の入試変更点や選抜方法、2021年度の国公立大学入試結果等も掲載している。

《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集