「全国戻りたい街ランキング」発表、1位は兵庫県明石市

 ウェイブダッシュは2021年10月19日、「全国戻りたい街ランキング2021」を発表した。1位には都会と田舎のバランスがいい「兵庫県明石市」、2位は安くおいしいものが食べられる「福岡県福岡市」、3位は絶景が見られる「香川県三豊市」が選ばれた。

生活・健康 その他
全国戻りたい街ランキング2021 トップ20 (c) 生活ガイド.com
全国戻りたい街ランキング2021 トップ20 (c) 生活ガイド.com 全 7 枚 拡大写真
 ウェイブダッシュは2021年10月19日、「全国戻りたい街ランキング2021」を発表した。1位には都会と田舎のバランスがいい「兵庫県明石市」、2位は安くおいしいものが食べられる「福岡県福岡市」、3位は絶景が見られる「香川県三豊市」が、「戻りたい」と思わせる魅力ある街に選ばれた。

 「全国戻りたい街ランキング2021」は、ウェイブダッシュが運営する地域応援サイト「生活ガイド.com」に2019年10月1日~2021年10月4日の間に1度でもログインした会員2万5,373人が調査対象。住んでいる街と住みたい街の市区町村が違う会員の中で、住みたい街に生まれ育った街を選んでいる人の割合をランキングにした。ただし、母数が少ないと正確な数値が出ないため、住んでいる街と住みたい街の市区町村が異なる会員の数が15以下の市区町村は除外している。

 ランキングによると、1位は「兵庫県明石市」、2位は「福岡県福岡市」、3位は「香川県三豊市」、4位は「福岡県太宰府市」、5位は「長野県松本市」、6位は「北海道札幌市」。7位には同率で「福岡県糸島市」と「沖縄県石垣市」が入った。首都圏からは、9位に「千葉県流山市」、10位に「神奈川県逗子市」がトップ10入りした。

 1位の兵庫県明石市は、人口約30万人の中核市で、兵庫県で5番目に大きな規模の都市。神戸市の人口が減少しているのに対し、明石市は7年連続で増加。新幹線の駅があり、JR神戸線で大阪や神戸へ特急でアクセス可能なため、交通の便も良い。住民意識チャートもおおむね高評価でバランスが良く、住民会員からは「都会と田舎のバランスがいい」という意見が多い。生活ガイド.comでは、「田舎すぎず、都会すぎないバランスの良さが、また戻ってきたいと思わせる魅力につながっているのではないか」と分析している。

 2位の福岡県福岡市は、住みたい街ランキングでも上位の常連。明石市と同じく、住民意識チャートはバランスが良く、どれも比較的高評価。街の良いところとして、「コンパクトにまとまっているので移動がしやすい」「飛行機・新幹線・船・バス等の交通網が発達していて便利」「海や山といった自然も近い」があげられている他、「おいしいものが安く食べられる」という意見が多いのも特徴。生活ガイド.comでは、「違う街に住んだ経験があるからこそ、福岡市の安くておいしい食べ物を懐かしく感じられるのかもしれない」と分析している。

 3位の香川県三豊市は、SNSで話題となった「日本のウユニ塩湖」こと「父母ヶ浜」があることで最近注目され、じゃらんの「行ってみたい夕日絶景ランキング2018」でも1位になった有名スポット。住民意識チャートをみると、交通の便利さと店の充実度は低いが、街並みや雰囲気の数値が高くなっている。生活ガイド.comは、「地域の愛着度や安全が高い点も含めて、戻ってきたい街の理由になっているのではないか」とコメントしている。

 生活ガイド.comでは、「全国戻りたい街ランキング2021」について上位50位まで掲載。各市の統計データ等も紹介している。

◆全国戻りたい街ランキング2021
1位:兵庫県明石市
2位:福岡県福岡市
3位:香川県三豊市
4位:福岡県太宰府市
5位:長野県松本市
6位:北海道札幌市
7位:福岡県糸島市
7位:沖縄県石垣市
9位:千葉県流山市
10位:神奈川県逗子市

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集