英検、第2回1次試験(10月実施)合否結果を公開

 日本英語検定協会は2021年10月25日、Webサイトで「英検2021年度第2回一次試験」の合否結果閲覧サービスを開始した。団体責任者は午前11時以降、個人(英ナビ!会員)は正午以降に順次公開する。

教育・受験 高校生
日本英語検定協会「英検」
日本英語検定協会「英検」 全 3 枚 拡大写真
 日本英語検定協会は2021年10月25日、Webサイトで「英検2021年度第2回一次試験」の合否結果閲覧サービスを開始した。団体責任者は午前11時以降、個人(英ナビ!会員)は正午以降に順次公開する。

 英検2021年度第2回一次試験は、10月1日(A日程)と2日(B日程)、3日(C日程)、8日(D日程)、9日(E日程)に準会場で実施。また、10月10日に本会場と準会場(F日程)で実施した。一次試験の解答は、同協会のWebサイトで公開されている。

 10月1日~10日の間に行われた一次試験の合否結果・成績表の閲覧サービスは10月25日に公開された。団体責任者は午前11時以降。個人(英ナビ!会員)は級によって異なり、1級・準1級が正午、2級が午後1時、準2級が午後2時、3級が午後3時、4級が午後6時、5級が午後7時。個人(ログインサービス)は10月26日午前10時以降に公開する。

 なお、合否結果の閲覧には、英検ID(本人確認票・個人成績表に記載されている11桁の数字)とパスワード(本人確認票・個人成績表に記載されている4~6桁の数字)が必要。英ナビ!で合否結果を閲覧するには、会員登録(無料)をする必要がある。事前に会員登録すると、スムーズに合否結果を閲覧できる。

 二次試験は、本会場A日程(全級)・準会場A日程が11月7日、本会場B日程(2~3級)・準会場B日程が11月14日、本会場C日程(1級・準1級)が11月23日に行われる。

 2021年度第3回検定は、個人申込が11月1日~12月10日(書店受付締切日12月3日)、団体申込が11月1日~12月10日(書店受付締切日12月3日)。一次試験は2022年1月14日~2月5日の間、本会場と準会場A~Gの7つの日程が設定されている。

《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集