【高校受験2022】茨城県立高の募集定員、水戸第一等で学級減

 茨城県教育委員会は2021年11月18日、2022年度(令和4年度)茨城県立高等学校第1学年生徒募集定員を発表した。全日制課程の募集定員は、前年度(2021年度)比440人減の1万7,750人。水戸第一(普通)等10校で11学級減とする。

教育・受験 中学生
2022年度茨城県立高等学校第1学年生徒募集定員
2022年度茨城県立高等学校第1学年生徒募集定員 全 8 枚 拡大写真
 茨城県教育委員会は2021年11月18日、2022年度(令和4年度)茨城県立高等学校第1学年生徒募集定員を発表した。全日制課程の募集定員は、前年度(2021年度)比440人減の1万7,750人。水戸第一(普通)等10校で11学級減とする。

 2022年度茨城県立高校の全日制の募集定員は、前年度比11学級440人減の445学級1万7,750人。定時制の募集定員は920人、通信制の募集定員は340人で、いずれも前年度から増減なし。

 全日制では、水戸第一(普通)、土浦第一(普通)、水海道第一(普通)、下妻第一(普通)の4校が、中高一貫教育校への改編により各1学級減。友部(普通)は、2023年度に開校するIT専科高校への学科改編にともない募集停止し、2学級減。また、高萩清松(総合)、玉造工業(工業)、江戸崎総合(総合)、鬼怒商業(商業)、坂東清風(農業)の5校で、各1学級減となる。

 おもな学校の募集定員は、水戸第一(普通)240人、水戸第二(普通)320人、日立第一(普通、サイエンス)240人、土浦第二(普通)320人、竹園(普通、国際)320人、竜ヶ崎第一(普通)240人、緑岡(普通、理数)280人等。

 全日制の募集定員のうち、特色選抜の募集定員は1,996人。茨城県教育委員会が公表した2022年度県立高等学校第1学年生徒募集定員の一覧には、学校・学科別の募集定員の他、特色選抜、帰国子女特例選抜、外国人生徒特例選抜の募集人員も掲載している。また、特色選抜実施する学校別の分野別募集人員も公表している。

 2022年度茨城県立高校入学者選抜の日程は、一般入学の出願を2022年2月8日から10日、志願先変更を2月17日と18日に受け付ける。学力検査は3月3日、実技検査や面接等は3月4日に実施。追検査の学力検査は3月9日、追検査の共通選抜実技検査等は3月10日、合格発表は3月14日。

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集