コロナワクチン、学生97.4%に全身副反応…北里大調査

 北里大学獣医学部は2021年11月19日、職域接種で実施したCOVID-19ワクチンのモデルナ筋注接種後の副反応調査結果を公表した。学生231人のうち、2回目接種後97.4%に何らかの全身副反応がみられた。2回目接種後の全身副反応は、接種翌日がピークだった。

生活・健康 大学生
接種回数ごとの副反応出現率(性差)
接種回数ごとの副反応出現率(性差) 全 1 枚 拡大写真
 北里大学獣医学部は2021年11月19日、職域接種で実施したCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)ワクチンのモデルナ筋注接種後の副反応調査結果を公表した。学生231人のうち、2回目接種後97.4%に何らかの全身副反応がみられた。2回目接種後の全身副反応は、接種翌日がピークだった。

 「COVID-19ワクチンモデルナ筋注接種後の健康状況調査」は、ワクチン接種後の若者に起こる副反応について適切な理解を深めることが目的。北里大学獣医学部でCOVID-19ワクチンモデルナ筋注を接種した学生を対象にアンケートによる記述回答形式で、9月9日~30日分の回答分をまとめた。回答数は231人。

リシードで全文を読む

《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集