コロナワクチン、5-11歳の接種開始へ…厚労省が特例承認

 厚生労働省は2022年1月21日、5~11歳の子供に接種できるファイザー製の新型コロナウイルスワクチン「コミナティ筋注5~11歳用」について、特例承認を行ったと発表した。

生活・健康 小学生
コミナティ筋注5~11歳用
コミナティ筋注5~11歳用 全 3 枚 拡大写真
 厚生労働省は2022年1月21日、5~11歳の子供に接種できるファイザー製の新型コロナウイルスワクチン「コミナティ筋注5~11歳用」について、特例承認を行ったと発表した。

 日本における製造販売に関して、医薬品医療機器等法第14条の3に基づく特例承認を取得したのは、5~11歳用の新型コロナウイルスワクチン「コミナティ筋注5~11歳用」。一般名は「コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン(SARS-CoV-2)」。

 接種対象者は5歳以上11歳以下。1回0.2mLを合計2回、通常、3週間の間隔で筋肉内に接種する。

 日本における新型コロナワクチンの接種は現在、ファイザー社、武田/モデルナ社いずれも12歳以上が対象となっている。両社の新型コロナワクチンは、海外では生後6か月~11歳を対象に臨床試験を実施し、このうちファイザー社のワクチンはアメリカで5~11歳への接種を開始。日本でも2021年11月10日に薬事承認申請していた。

 特例承認を取得したファイザーR&D合同会社の石橋太郎社長は「5~11歳の小児製剤『コミナティ筋注5~11歳用』が日本でも承認されたことをうれしく思う。ワクチンを接種できる年齢が5~11歳まで広がり、より多くの人を新型コロナウイルス感染症から守れるようにすることは、2年近く続いているパンデミックに対処するために重要なことだと考えている」とコメントしている。

《奥山直美》

この記事の写真

/

特集