レゴ国内初となる習い事モデル「レゴクラス」、年内60施設の開校目指す

教育ICT その他

レゴクラス(イメージ)
レゴクラス(イメージ) 全 4 枚 拡大写真
 子ども向けパソコンスクール「アビバキッズ」などを展開するグローバルキャストは1月26日、レゴブロックと最新のデジタルソリューションを組み合わせた教材を提供する、レゴエデュケーションとライセンス契約を締結した。既存の施設などを利用して、新しいアフタースクールモデル「レゴクラス」の普及促進を図る。

 「レゴクラス」は、レゴブロックを教材として、創造力や思考力、コミュニケーション力などを育む、レゴ社が開発した教育カリキュラム。全国で「アビバキッズ」を約150教室運営するなどの教室フランチャイズ運営ノウハウと、子ども向けプログラミング教育の実績があるグローバルキャストでは、ライセンス契約の締結により、大手塾や子どもの集まる店舗の一画など、既存の施設を利用したサービスの提供が可能となる。習い事モデル「レゴクラス」の展開は国内初となる。

 2017年の取組みとしては、車輪や歯車、てこの原理など身近なものを組み立てて、科学を応用した創造力と問題解決力を身に付ける「ワールドサイエンス」と、簡単なプログラミングでレゴブロックでできたモデルを動かし、論理的な思考力や観察力や表現力を養う「コードクリエイター」の2つのカリキュラムを中心に展開する。

 グローバルキャストでは全国展開にむけて運営会社を募集し、新しい習い事モデルとして、2017年に60施設の開校を目指す。

《勝田綾》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集