ヤギの三つ子赤ちゃん誕生、埼玉こども動物自然公園で公開中

趣味・娯楽 その他

ヤギの三つ子の赤ちゃん(2017年3月4日撮影) 画像提供:埼玉県こども動物自然公園
ヤギの三つ子の赤ちゃん(2017年3月4日撮影) 画像提供:埼玉県こども動物自然公園 全 3 枚 拡大写真
 埼玉県こども動物自然公園に3月4日、ヤギの三つ子の赤ちゃんが誕生した。三つ子の赤ちゃんが誕生するのは10年ぶりだという。三つ子の赤ちゃんヤギはすでに公開中のため、かわいらしい姿を見ることができる。

 父親ヒロトと母親キナコの間に生まれたのは、オス2頭、メス1頭の三つ子の赤ちゃんヤギ。2頭は白い毛色をしており、もう1頭は黒い毛色ですこし小柄な体格。3頭とも、生まれて間もなく母親キナコの側で元気に歩く姿を見せてくれたという。

 埼玉県こども動物自然公園では、「なかよしコーナー」で三つ子の赤ちゃんヤギを展示している。赤ちゃんヤギは大人ヤギに比べて耳が垂れているのが特徴で、赤ちゃん特有のかわいらしい姿に会える。

 また、3月26日には三つ子の赤ちゃんの誕生を記念して、動物園の園長がヤギの生態などについて話をする、園長の動物園ガイド「ヤギのお話」を開催。ヤギの親子を見ながら、ヤギについての詳しい話を聞くことができる。

◆園長の動物園ガイド「ヤギのお話」
日時:2017年3月26日(日)11:30~
場所:埼玉県こども動物自然公園 なかよしコーナー

◆埼玉県こども動物自然公園
開園時間:9:30~17:00(入園は、閉園の1時間前まで)
休園日:毎週月曜日(月曜が祝日の場合は開園)
※2017年3月27日(月)、4月3日(月)は開園
入園料:大人(高校生以上)510円、小人(小・中学生)210円
※未就学児は無料、団体割引あり

《畑山望》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集