【夏休み2017】お盆の高速渋滞予測エリア一覧…ピークは下りが11日、上りは13-15日

生活・健康 その他

10km以上の渋滞予測回数
10km以上の渋滞予測回数 全 1 枚 拡大写真
NEXCO 3社とJB本四高速、日本道路交通情報センターは、お盆期間(8月5日~16日)の高速道路での交通集中による渋滞予測をとりまとめた。

それによると、下り線は8月11日、上り線は8月13日~15日に渋滞が多く発生すると予測。10km以上の渋滞はお盆期間中、下り線で214回(前年比4回減)、上り線で298回(同21回増)、合計512回(同17回増)発生すると予測。ピークは下り線が11日で49回、上り線が14日で45回発生すると予測している。

また30km以上の渋滞は、下り線で16回(同7回減)、上り線で24回(同4回減)、合計40回(同7回減)発生すると予測。特に長い渋滞発生予測は以下のとおり。

・東北自動車道(下り)8月11日(金)10時頃 矢板北PA付近(45km)
・関越自動車道(上り)8月14日(日)17時頃 高坂SA付近(45km)
・中央自動車道(下り)8月5日(土)7時頃、11日(金)6時頃、12日(土)7時頃 相模湖IC付近(45km)
・東名高速道路(上り)8月14日(月)17時頃 大和TN付近(40km)
・中国自動車道(下り)8月11日(金)7時頃 宝塚東TN付近(35km)
・神戸淡路鳴門車(上り)8月15日(火)18時頃 舞子TN出口付近(40km)

高速道路会社では、渋滞発生が予測される時間帯を避ける、あるいは渋滞が比較的少ない夜間から早朝にかけたドライブ計画をするよう呼びかけている。

お盆の高速渋滞予想…ピークは下りが11日、上りは13~15日

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集