KDDIがイーオンの全株式を取得、EdTech推進

 KDDIとイーオンホールディングスは2017年11月22日、KDDIがイーオンホールディングスの全株式を取得する株式譲渡契約を締結したと発表した。KDDIは教育市場への新規参入を目的に、2018年1月22日を目途にイーオンホールディングスの発行済み株式を100%取得する。

教育ICT その他
英会話イーオン
英会話イーオン 全 4 枚 拡大写真
 KDDIとイーオンホールディングスは2017年11月22日、KDDIがイーオンホールディングスの全株式を取得する株式譲渡契約を締結したと発表した。KDDIは教育市場への新規参入を目的に、2018年1月22日を目途にイーオンホールディングスの発行済み株式を100%取得する。イーオングループ子会社はアミティー、留学ジャーナル、mpi松香フォニックス、ハオ中国語アカデミーなど。

 2020年以降、小学校における英語教科化や大学入試における英語4技能試験の導入、訪日外国人観光客の急増に伴うインバウンド需要への対応などにより、外国語学習ニーズの高まりが想定される。

 今回の株主異動により、KDDIがこれまで培ってきた「ICT技術」と、イーオンホールディングスが育成・蓄積してきた「指導経験豊富な教師・オリジナル教材・留学サービス」を組み合わせ、両社で顧客ひとりひとりにあった学習内容を提示し、新たな価値・サービスの提供を目指す。

 今後は、KDDIとイーオンホールディングスの資産を融合し、AI技術を活用した学習者向けのカリキュラム最適化支援や、VR技術を活用したバーチャル英会話プログラムなどのサービスを検討していくという。

 KDDIとイーオンホールディングスは、「教育」と「ICT」を組み合わせた「EdTech」を推進し、教育のICT化を加速させ、グローバル社会における高品質の語学習得という社会ニーズに応えていくとしている。

《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集