朝日学生新聞×アルクテラス、ClearS記述対策ツール提供

教育ICT 高校生

アルクテラスが提供する教育機関向け「ClearS」
アルクテラスが提供する教育機関向け「ClearS」 全 2 枚 拡大写真
 アルクテラスと朝日学生新聞社は2018年4月25日より、大学入学共通テスト対策ツール「ClearS記述対策」の提供を開始する。塾や学校で、おもに国語の記述式問題(120字程度)、歴史、地理、現代社会の資料分析問題の対策を行うことができる。

 アルクテラスは、中学生、高校生向けの勉強ノートまとめアプリ「Clear」を提供している。「ClearS」は、「Clear」でのノウハウをもとに、教育機関に提供するクラウド型サービス。朝日学生新聞社とアルクテラスが共同開発した「ClearS記述対策」では、朝日中高生新聞の記事コンテンツを題材にして、「ClearS」の学び合いのプラットフォームを活用。センター試験から大学入学共通テストの大きな変更点である記述式問題の対策を提供する。

 「ClearS記述対策」はスマートフォンやPCで利用でき、導入には塾・学校単位、教室単位で可能。朝日新聞のコラム天声人語を読み、200字程度の作文を投稿するコーナーなど、思考力・判断力・表現力を向上させる問題が用意されている。利用する生徒は、自分で書いた文章を「思考の跡」として投稿することで、先生や「ClearS記述対策」で学ぶほかの生徒からコメントなどのフィードバックを得ることができる。この機能により、学習意欲の継続と、ほかの生徒の解答例を学ぶことによる文章力向上を図る。

 なお、費用は利用人数に応じて変わるという。問合せは、「ClearS」のWebサイトから。なお、サービス公開にともない、先着100教室限定の30日間無料トライアルキャンペーンを実施中。適用教室については、「ClearS」のWebサイトから問合せ後、キャンペーン適用の可否が通知される。

◆ClearS記述対策
提供開始日:2018年4月25日(水)
配信形式:スマートフォン(iPhone、iPad、Android端末)向けアプリ、Webブラウザ
利用料:塾・学校の教室数/生徒数に応じる
配信地域/対応言語:日本/日本語
※利用に関する詳細は、「ClearS」Webサイトより問い合わせる

《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集