親子で楽しむ「大阪モノレール」 2018年秋に17年ぶり新車 

生活・健康 保護者

今秋に導入される3000系のイメージ。丸味のあるデザインの先頭車と大きく弧を描いた塗色が特徴で、大型窓を採用することで眺望にも配慮している。
今秋に導入される3000系のイメージ。丸味のあるデザインの先頭車と大きく弧を描いた塗色が特徴で、大型窓を採用することで眺望にも配慮している。 全 1 枚 拡大写真
大阪空港駅(大阪府豊中市)と門真市駅(大阪府門真市)を結ぶ大阪モノレール線と、万博記念公園駅(大阪府吹田市)と彩都西駅(大阪府茨木市)を結ぶ彩都線を運営する大阪高速鉄道(大阪モノレール)は7月9日、今秋に新型車両3000系を導入すると発表した。

大阪モノレールとしては17年ぶりの新型車両で、「やさしさ・おもてなし」「清潔感・開放感」「楽しさ」「チャレンジ」といったキーワードを基に、乗客目線で「誰もが使いやすいユーティリティ性」を追究。子供から大人まで楽しめるモノレールの魅力を伝える車両を目指したという。

このため、連結部の扉や荷物棚にガラスパーツを用いるなど、清潔で開放的な空間とし、ゆったりと座れる48cmの個別シートやキッズスペース、空気清浄機を設置。安全性の向上やバリアフリーの充実も図られる。

当初は4両編成1本が導入され、2019年度からは開業時から運用している1000系の置換えを図るために増備。最終的には2021年度までに9本が導入される予定で、7月11日には万博車両基地へ搬入されることになっている。

清潔で開放的、子供から大人まで楽しめる…大阪モノレールに17年ぶりの新車 2018年秋

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

【注目の記事】

この記事の写真

/

特集